業種・業界別 最新PR戦略と成功法則

コスメ化粧品・ビューティー企業向け

美容業界のメディアプロモーションは大きく分けると二種類あります。 ひとつはブランディング目的のプロモーションで、主にメーカーなどの企業が行ないます。 二つめは直接的な販売促進を目的としたプロモーションです。こちらは消費者と直に接する小売店などのケースが多いです。 ...

IT・モバイル関連企業向け

IT・モバイル関連企業が他の業種と大きく違うのは、自身がメディアを発信できる立場にある企業が多いということでしょう。 その性質上、従来のマスメディアとの関係は決して良好ではなく、競合関係にあるとさえ言えます。 必然的に、IT系企業の話がテレビや雑誌で取り上げられる機会は少...

飲食店・サービス業向け

飲食店をはじめとするサービス業において、マスメディアへの露出は圧倒的なプロモーション効果が期待できます。 しかも、トレンド情報系番組・記事に一度取り上げられると、その番組や記事を目にした他のメディアも取材に来るという連鎖が起こるため、メディアプロモーションは当業界において必須である...

大学・専門学校・教育機関向け

大学の新設ラッシュ、定員増加、少子化問題が引き金となった大学全入時代。 志願者は都心部の難関校へ集中する一方で、地方の中小規模の新興大学の経営悪化が目立ち、生き残りには大学・専門学校の個性のアピール、教育内容の充実、就職支援などによって「ブランド力」を身につける以外にないと言われて...

観光業界・ホテル業界向け

流行のホテル、話題の旅館、人気の観光地・・・。 こういった情報はテレビや雑誌などのメディアで簡単に見ることが出来ますが、全体の情報量が多すぎて埋もれていってしまう情報も少なくありません。 一度メディアに取り上げられたからといっても、満足のいくPR効果をあげられないこともし...

自治体・政府観光局向け

ここ数年で最もPRに成功した県といえば、間違いなく宮崎県が挙げられるでしょう。 言うまでもなく、東国原英夫元県知事の功績です。 県知事に就任した東国原氏は「どげんかせんといかん」のフレーズで人々に強烈なインパクトを与え、宮崎県の魅力を余すところなく日本に発信し...

独立系医療機関・病院向け

なぜ、現代では医療プロモーションが必要なのでしょうか。 日医総研が以前に行った調査において医療サービスの提供に関する国民のイメージは、「十分ではない」という意識が強いという結果が観察されました。 医療ミスや病院が関係する問題がニュースなどで報じられ、マイナスイメージを国民...

スポーツ選手・プロスポーツ団体向け

野球選手、サッカー選手、オリンピック選手・・・ こういったスポーツ選手の情報はテレビ、雑誌などのメディアで簡単に見つけることができますが、一般的にはあまりメジャーではないスポーツ選手・スポーツ団体も数多くあります。 今後メジャーを目指すスポーツ選手・スポーツ団体をテレビや...

1 / 11
お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->