【センスが無くてもできる】企業やサービスのキャッチコピーを考える流れ たった5つの方法

2014年02月13日

こんにちは。

皆さまの会社やサービスにキャッチコピーはありますでしょうか?

一文程度で中身を伝える宣伝文句。

必要なのは、「センス!」なんて言われそうなフィールドですね。

数字をいれる、とか、質問形にする、とか、いろいろなテクニックが語られていますが、

もっと、誰でもできるような方法を、フレームワーク的にまとめてみました。

キャッチコピーがあることで、得られるメリットは、以下の3つが重要な点かと思います。

①強みが凝縮されて伝わる

②サービスの中身がスグに伝わる

③ブランドの軸がブレにくくなる

パッと見ただけ、聞いただけで、
なんとなく中身が伝わる。

特に、営業時などに「説明するのが難しいな~」と感じているサービスであれば、
キャッチコピーで概要をイメージさせてから説明をはじめると、
相手と理解の方向性を併せられるので、早く・深く、納得してくれるでしょう。

さて、キャッチコピーを用意するメリットを感じて頂いた所で、
具体的に、どのようにキャッチコピーを発想してゆくのか、
考えてゆきましょう。

1.テーマになるサービスの強みと特徴を洗い出す

まずは、発想の基点として、
テーマにするサービスの強みと特徴を洗い出しましょう。

バカにされそうなことでも、とにかくアウトプットします。

そこから連想ゲーム的に発想が広がることも期待出来ます。

2.ユーザーニーズを考える

次に、市場がどのようなものに食いつくのかを考えます。

ユーザーが何を欲しがっているのか、と言い換えて、発想してみても良いかも知れません。

ユーザー層を想定して、「20~30代 男性」など、誰にメッセージを伝えるコピーにするのかを設定して、その人達が、サービスに何を求めていそうか、考えてみましょう。

3.「強み・特徴」と「ユーザーニーズ」を結びつける

1と2でピックアップした「強み・特徴」と「ユーザーニーズ」を結びつけてみましょう。

なるべく関連性が高そうなところから、あたりを付けて、ひとつ結びつけてみます。

これで、「《誰に》、《何を》、どのように伝えるか」の

《誰に》、《何を》までが設定できました。

残りは、《どのように》だけですね。

この《どのように》がキャッチコピーです。

4.とにかく言い換えてみる

3で設定した、《誰に》、《何を》をブツブツ呟きながら、
とにかく言い換えてみます。

たった2つの単語あるいは文章を言い換えるだけです。

簡単です。絶対できます。

言い換えのコツは、単に類義語にするのでは無くて、
選んだ単語から連想されるものを口に出してゆくことです。

《誰に》を言い換えたら、次はその流れを途切れさせずに、
《何を》の言い換えに移りましょう。

それでよさそうなものが出なければ、次は、
《何を》を言い換えてから、《誰に》の言い換えに移ってみましょう。

この時、ブツブツ呟きながらやるのがポイントです。

つぶやくことで、音のリズムや語感を確認しながら、
気持ちの良いものを探ってゆくのです。

5.キャッチコピーを選ぶ

4で出したキャッチコピー案から、採用するものを選びます。

この時に選ぶ基準としては、「カッコいいもの。」

それだけを基準にしないようにしてください。

案を選ぶ際には、
「《誰に》、《何を》、《どのように》伝えるか」の3つの要素を埋めてみて、
それぞれに矛盾が無いことを確認してください。

そうすることで、「カッコいいけど。。。それで??」と言われる
ひとりよがりキャッチコピーを回避する事ができます。

キャッチコピーは、あくまでも、
「サービスの強み・特徴を、極めて解りやすく伝えるモノ」
であることを念頭に置いたキャッチコピーを開発してゆきましょう。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->