時代の流れとターゲットの気持ちをサービスに反映する

2017年12月27日

2017年もいよいよ終わりですね。
12月は忘年会ラッシュで飲み続きの人もいるかもしれませんね。

一昔前は全員が「とりあえずビール」から始まった飲み会ですが、いまは様子が違います。
「とりあえずウーロン茶」!
なんと20代の3割がアルコールを飲まない、アルコール離れが進んでいるそうです。

とあるBar併設の飲食店では、来店する20代女性の5~6割がノー飲酒だそう。
女子会やお誕生日会での利用が多いそのお店は、飲み物を頼んでもらい売り上げにしたいのですが、ノー飲酒のお客様は飲んでも2、3杯程度と進みません。

そもそも、飲食店や居酒屋でソフトドリンク以外のノンアルコールドリンクをあまり見かけませんよね??
あったとしても、ノンアルコールビール程度で、若い女子が飲みたいと思うものは少ないのではないでしょうか。
また、ノー飲酒の人は、会社の飲み会や女子会で一人だけ「ウーロン茶」を飲む肩身の狭さも少なからず抱えていると思います。

きっとノンアルコールドリンクが充実したお店を若い女子たちは探しているはずです!

そのお店では、ノンアルコールカクテルを20種類以上提供できるようにし、ジントニックなど通常のカクテルをお酒抜きで再現するサービスも行っており、女子会の予約が殺到しています。
内装にもこだわり、“インスタ映え”する写真が撮れるスポットや小道具を用意し、とことん女子の気持ちに寄り添ったサービスを提供しています。

いま飲食業界では、飲み放題プランの中にどれだけノンアルコールカクテルを含めるかが注目される“ノンアルコール元年”だと言われているそうです。
これからノー飲酒の人のためのサービスがどんどん充実してきそうですね。

時代の流れやターゲットの気持ちに寄り添い、先手を打ってサービスを充実させ、口コミやリピートにつなげていきたいですね。

さぁ、ビール派の私は、これから最後の忘年会に行ってきまーす!(笑)

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】