トランプ氏のPR術

2016年11月14日

 

すっかり気温が下がり、冬の足音が聞こえてきています。
最近、メディアを賑わせている話題と言えばアメリカの大統領選でしょう。
みなさんご存知の通り、トランプ氏が次期アメリカ大統領になりそうです。
トランプ氏と言えば、歯に衣着せぬ物言いで演説し、賛否両論ありますが、間違いなく聴衆にインパクトを与えています。
特に彼の場合はキャッチコピーの作り方が非常に面白いと思います
トランプ氏が掲げたのは 「Make America Great Again」 です。
偉大なるアメリカを再び といったニュアンスです。
強いものが好きなアメリカ人にとってはいかにも好きそうなワードで、このキャッチコピーを演台やポスターに一貫して使用していました。

対するヒラリー氏のキャッチコピーは「Stronger Together」です。

一緒の方が強いといった意味になります。
両者をぱっと比較したときにどうでしょうか?
どちらも具体的に何をするのかは分かりませんが、トランプ氏のキャッチコピーの方がどういう方向に進んでいきたいのかが伝わってきます。
また、トランプ氏は、現大統領のオバマ氏に対して不満を溜めている中間層に対してというターゲットが明確でした。

それに比べてヒラリー氏は誰に対して「一緒のほうが強い」と言っているのかがよく分かりませんでした。

プレスリリース、企画書、何にせよターゲットをしっかり定めてキャッチコピーを作ることは基本中の基本です。
誰にでも伝わるような言葉は結局、誰にも伝わらない言葉になってしまいます。
もちろん一番重要なのは中身なのですが、今後キャッチコピーを作る際はトランプ氏のPR術を参考にすると面白いかもしれません。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->