顧客のファン化

2016年09月20日

暑さも和らぎ、少し肌寒さを感じる9月になりましたね。
9月は食欲・読書・スポーツと、何かと行動を始めるのに丁度良い季節です、
私も、この秋からは少し怠っていた読書を再開しようと動き出しました。

そこで、本を買おうとショッピングセンターに行ったのですが
行きつけのショッピングモールで、ふとスターバックスの新作を目にしました。
特に、スターバックスが大好きという自覚はないのですが、
私は、何かと季節毎の新作が出ると気になってついつい買ってしまい気が付くと、
各シーズンのすべての商品を飲んでいます。

そこで、今回は「顧客のファン化」を行うアピール方法についての紹介をしたいと思います。

1、伝えるメッセージを絞る事で、生活者にイメージを持たせる
「マクドナルド」・「モスバーガ―」はハンバーガーのイメージが違いますよね、
マクドナルドは安くて速い、モスバーガーは少し高値で健康志向。
消費者の喜ぶモノを提供するという、同じ目的でも自分の取るべきポジションによって
発進するべき情報を絞ります。
同じ内容の情報に何度も接触する事で、初めて消費者は頭の中でイメージする事が
可能になります。早く食べる時はマクドナルド、少しゆっくり健康にいい物を食べるにはモスバーガ―と
すぐにイメージが出来る状況を消費者の頭の中に作っておく事で、無意識のうちに生活者はサービスや商品を利用し始めるのです。

2消費者の為になる情報を発進する
普段生活していると、たくさんの情報に触れるので、自分にとって都合の良い情報、知りたい情報しか記憶に残りません。
「サントリーのハイボール」のPRがとても良い例です。サントリーは、ウイスキーやハイボールの宣伝と並行して、【ウイスキー1:ソーダ3~4】という、おいしいハイボールの割合を提案しました。居酒屋に誰でも黄金比でハイボールが作れる「ハイボールタワー」を設けるほどです。
消費者の知りたい(ハイボールのおいしい割合)を提案する事で、サントリーは美味しいハイボールを提供するメーカーという信頼を獲得しました。

3、伝え方にこだわる
何を伝えるかではなく、誰に伝えてもらうかにこだわります。
スタバの新作情報も最近話題の「君の名は」の流行も、ポスターやテレビよりも
友人のツイッターやインスタからの情報の方が、接触機会が多いのではないでしょうか?
「美味しい・面白い」など、身近な人が発進している情報からだと、その商品やサービスに対する信頼度も高くなるのは当然ですよね?

まとめると、まず自分の強みを理解して、発信するべき情報を絞ります。
その中から、消費者の知りたい情報を的確なルートで伝え、消費者の共感や信頼を獲得する事で初めて企業やサービスのファンが増えてゆくのだと思います。

皆さんも、新たな顧客を増やすだけでなく、自社のファンを増やす方法を考えて見てはいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->