SNSのリスクについて

2016年07月08日

本日の内容は積極的に情報発信するPRについてではなく、
昨今、ソーシャルメディアを通じた「ネット告発」という新たなリスクについて記載します。
 
皆様も記憶に新しいかと存じますが、2014年12月に起きたペアング焼きそばの虫混入事件。
 
その後マクドナルドや日清などでも異物混入事件が多発いたしました。
 
マクドナルドについては、
2014年8月「ポテトに破片が混入」
2014年12月「チキンマックナゲットにビニールが混入」
2015年1月3日には「またまたチキンマックナゲットにビニールが混入」
と相次ぎ異物混入事件が勃発。
 
大変物議を呼ぶ、社会問題となりました。
 
以前からも異物混入時間は頻発しておりましたが、今回のケースで問題が拡大された理由として
Twitterを始めたとしたSNSからシェアなどをされることで一気に炎上、社会問題となり
企業ブランディングの崩壊を招きました。
 
これらのビッグ企業がこれだけ異物混入が起こったことはいい意味でもSNSのバズ力がすごいものなのか
改めて考えさせられた事例になったと思います。
 
このようないつどこでなにが起こるかわかならい時代に、メディアトレーニングを受けたりすることは重要に
なってくるかと思われます。
 
また、SNSで広がった炎上はSNSで火消しすることが効果的です。
そのためにもリテラシーを日々高めながら、企業アカウントで消費者などとコミュニケーションをとる事が
重要になってくるでしょう。
 
今回は悪い内容ですが、いかにして異物混入事件が世に広がったのか背景を書かせて頂きましたが、
これだけソーシャルのパワーがあることを認知して頂けたのではないでしょうか。
 
SNS恐るべきですね!

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->