ネコノミクスから読み解く消費者傾向

2016年06月03日

私の住む街にはいつも小さなお店の前に同じ猫がくつろいでいて、地元の方々に大人気です。
私もその猫を撫でてから通勤するのが最近の日課となっています。
いや〜、癒されますね。

こんな私にも癒しを与えてくれる猫ですが、
現在空前の猫ブームとなっています。

猫に関するアプリが1000万ダウンロードを記録したり、ネコスタグラムなるものが登場したり…
なんと猫に関するビジネス効果は2兆円規模とも言われています。
最近猫に関する店舗、会社、動画紹介がテレビ番組増えているのも、やはり視聴率がいいからではないでしょうか。
恐るべしネコノミクス現象!

私の持論ですが、消費者の心理(求めるものの)傾向、満足度として①利便性が高くコストパフォーマンスがたかいもの②癒し効果の高いものの2つがあると思います。
①に関しては本当に様々な商品やサービスが登場し、並大抵のものでは満足できないと共に、物が多すぎて疲れてしまったため、消費者の心理傾向が②に流れてきたのかなと思います。
その対象が空前の猫ブーム現象ではないでしょうか。

これからは、利便性のみならず消費者の心の満足度(癒し)を与えるものが必要な時代かもしれません。

PRを行う際は、猫のようなわかりやすい癒しの対象と掛け合わせることで新たなブームを巻き起こせるかもしれませんね。
(※まだまだ猫ブームは続きそうですが…)

ちなみに私は猫も大好きですが実は犬派です(笑)犬の時代も到来しますように…!

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->