ヒット商品を生み出すトータルPR

2016年02月16日

2月に入り寒さも本格的になってきましたね。
最近では風邪が流行しているようで、私も手洗い、うがいを徹底して行っています。
それともう一つ、風邪予防として野菜ジュースで積極的に栄養をとるようにしています。

最近の野菜ジュースは、種類が豊富でどれも味がおいしいため、
ついつい迷ってしまうのですが、今回は私もお気に入りの昨年大ヒットした野菜ジュースについて取り上げたいと思います。

今回ご紹介するのは、カゴメから発売されている『GREENS』
コンビニやスーパーなどで目にした方も多いと思います。

カゴメの野菜飲料といえば年間400億円規模の主力ブランド「野菜生活」がありましたが、
発売から20年たった今、市場の若がえりのため20代~30代女性をメインターゲットとする新たな飲用層を獲得する目的で『GREENS』が開発されました。

カゴメでは、『GREENS』の上質で洗練されたイメージとトレンド感を上手に世の中に訴求することで働く20代~30代の女性に受け入れられ大ヒットにつながりました。
一体どのようなPRを行ったのでしょうか?

1.生鮮飲料という新たなカテゴリーを創出。
コンビニのカットサラダやジュースバー、そして自作のスムージーと野菜の取り方は多様化していますがどんなシチュエーションでも鮮度を求める声が多いことに着目して新たなカテゴリーを作り出しました。

2.洗練されたイメージづくり。
約2か月間東京の表参道に期間限定の『GREENS』のジュースバーをオープンし上質で洗練せれたイメージの上手に発信しました。

3.SNSを使った口コミによる拡散
ジュースバーオープンの前日にブロガーやモデル、ブランドプレスなどを招待した約300人規模のパーティを行い会場で写真を撮りたくなるグッズやアイテムを多く配置したそうです。結果として参加した人々がInstagramに多く写真を上げ話題になりました。

4.各メディアに合わせた情報開発
朝の情報番組を中心に「触感いろいろベジタブルフード」「都内で楽しめる新感覚ドリンク」など『GREENS』を好む層に響くトレンドをまとめ提案し10番組以上の露出につなげたそうです。

そのほかにも伊勢丹新宿に期間限定ジュースバーオープン、女性が多く働いている職場に『GREENS』を提供など、さまざま施策を行い大ヒットにつながりました。

今後PRを行う上では流通、店頭、ブランドマネージャー、商品開発等の様々部署と協力して戦略的に行っていくことが大ヒットの近道なのではないでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->