【ユーザー体験型PR】

2016年01月15日

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

今回は、去年業績好調だった企業の商品PRについて取り上げたいと思います。

ご紹介するのは、自動車スバルで有名な富士重工業。
2015年9月の中間決済では、過去最高益を記録しました。

そんな富士重工業では、面白い手法で昨年の10月に新車発表会を行いました。

一般ユーザーにより身近にスバルの良さを体感してもらいたいとの思いから、
報道関係者と一般ユーザーを招き「アクティブライフプレゼンテーション」という名の新車発表会と実際にオフロードを走れる体験試乗会を東京・昭島市にある商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」にて開催しました。

新型車発表時にオフロードを走ることができる一般向けの試乗会というのは、初めての試みとのことで会場には、30媒体以上のメディアが参加しました。
またSNSや特設サイトで一般ユーザーを募ったところ30組の募集枠に対して600組の応募があったそうです。

当日イベント会場では、新車発表だけでなく最大傾斜約27度の山道や深い水たまりなどのオフロード走行し走破性と安全性を体験できるプログラムやSNS用のハッシュタグや写真用のアイテムを提供し口コミ拡散の後押しを行ったことでイベントは大成功に終わりました。

富士重工業では、今回のイベントや工場見学ツアーなど参加型のプログラム運営の強化を行いスバルユーザやファンの満足度を高めるコミュニケーション(PR)を通じて、『スバルってなんかいいよね』と思ってもらえることを最終的な目標としているそうです。

これからは会社やブランドの評判を高める活動において、
より身近に体験・体感できるような施策(PR)を行い消費者やユーザーに対して満足感を与えることが必要なっていくのではないでしょうか?

皆様もぜひ、エンドユーザーに響く施策(PR)を検討してみてくださいね。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->