地産地消の原点回帰PR

2015年12月01日

あっという間に今年ラストの月になりましたね。

年末年始は実家に帰省する方もいれば、温泉旅行など日頃の疲れを癒しに行かれる方も多いのではないのでしょうか。

旅行・地方遠征といえばご当地グルメ!ってことで、今日は青森県南地域で親しまれている
『十和田バラ焼き』のマーケティング戦略について書きたいと思います。

そもそもみなさん『十和田バラ焼き』ってご存知ですか?

牛バラとたくさんのたまねぎに醤油ベースの甘辛いタレで味付けしたものです。

今ではB-1グランプリで優勝したこともあり、ご当地グルメとして全国的に認知されています。

今日はそんな『十和田バラ焼き』を町おこしに起用したお話です。

具体的には、電源地域復興センターの事業選択を受けたことをきっかけに、市や商工会議所、一般市民の方から構成された調査検討会が設置され、綿密なマーケティング調査が行われました。

その結果、昔からあるバラ焼きへの高い認知度や味の高感度が再認識されるものでした。
また調査検討会の有志が中心となって、市民団体「十和田バラ焼きゼミナール」が結成されました。

上記の結果を踏まえ、町おこし戦略が検討されました。

それが、
【地域に昔から存在し、当たり前のように食されていたバラ焼きを、見た目や調理法を変えずに地元で普段食べられているスタイルのままで活用すること】となったそうです。

時間や費用をかけて無理に新しいメニューを開発する方法はリスクを伴い、ハードルも高いことから十和田市の町おこしには得策ではないと判断されたみたいです。

やみくもに新しいものの創造に走らず、まずは綿密なマーケティング調査によって、古くから地元にある食文化を掘り起こし、再評価して町おこしを図ったことが十和田の成功の大きな要因だったといえますね。

平行して、商標登録など知的財産権保護の対策もしっかり整えており、ここ最近、フリーライダーなどの被害が増えているので、守りの対策も抜け漏れない戦略となっていますね。

ご当地グルメは特別な観光資源や特産品がなくても、アイディア次第で地域ブランドを確立できることの好例です。

その結果、外部からの観光客の誘引、地域内の新たな雇用創出、6次産業化、交流人口の増加などの結果による地域活性化が期待できますね。

長くなりましたが、ご当地グルメを起用した町おこしの成功事例の紹介でした♪

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->