地方こそPR手法を

2015年11月18日

先程、日経のネットニュースを見ていると、
「TPP、12カ国が首脳会合開催へ 早期発効を確認」という記事が流れていました。
TPPには賛否両論がありますが、更に世界が近くなり1国では完結しない世の中になっていくことを考えると、
TPPを通じて世界との関わりをより深めていくという流れもよく分かる気がします。

そうなっていくと、益々重要になってくるのが「地方創生」です。
各々の地方がより差別化できる価値を創造し、それを地方が地方で完結するのではなく、日本中に、
そして世界へ発信できるかどうかが大きなポイントになってくると思います。

ところで、私が初めてお客様とお打ち合わせする際によくお聞きすることに、
「広告とPRの違いはご存知ですか?」というのがございます。

色々と違いはありますが、その詳しい話はまた別の機会に致しましょう。

それを東京でお聞きしても7~8割は明確にご理解されていないように見受けますが、
第2の都市である大阪で同じことをお聞きした時はそれが9割を超え、弊社のようなPRエージェンシー
という存在も聞いたことがない、という方がかなりいらっしゃいました。
それ以外の地方都市は「推して知るべし」という感じです。

このコラムで何度もお伝えしていると思いますが、PR手法は魔法ではありませんが、
活用の仕方では低予算でも大きな効果を得ることできます。
まさに地方こそ、PR手法を使って地方を元気にできればいいなと願っております。

地方でPRをお考えの企業様がいらっしゃれば、ぜひ弊社まで。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->