【企業PR施設】

2015年11月12日

11月に入りすっかり寒くなってきましたね。
今年も早いもので、もうすぐ1年も終わり。
残す大きなイベントと言えば、クリスマスというところでしょうか?

今年も大盛り上がりだったハロウィンイベントも終わり、
クリスマスまでまだ時間がある11月はPRのネタ作りにとっても寒い時期と言えるのではないでしょうか?

そこで、今回は皆様のPRのネタ作りの参考になるかどうかはわかりませんが、
今注目されている企業PR施設についてご紹介させていただきたいと思います。

企業PR施設とは、従来のショールームや博物館とは異なり、より消費者に情報を伝えるためのツールとして、各企業の展示スペースなどを「自社メディア」として活用しているものです。

特に2011年以降、あらゆるタイプの企業PR施設が次々に登場しました。

横浜みなとみらいの「カップヌードルミュージアム」では世界に一つだけのカスタマイズ商品を作ったり、巨大な工場の中で、自分自身が「カップヌードル」の“めん”となり、製めんから出荷されるまでの生産工程を体感できるといったイベントで人気を博しています。

その他にもサントリーやキリンビールの工場見学ツアーなども企業の裏側“素”の部分が見れると大好評のようです。

こうした取り組みにより、満足した参加者たちがtwitterなどのSNSを使って情報を発信して話題となりさらに企業に注目が集まっています。

現在では、face bookやtwitter、ブログなどを使って簡単に情報を発信できる時代なので、それに伴い消費者や受けとる側の感度が高くなっているようです。

その結果、
広告のような「憧れとフィクションの世界」よりもデジタルによる「リアルと等身大の世界」の情報の方が受け入れられやすくなっています。

これからはますます消費者の「ホントのところを知りたい」という欲求にこたえられるような情報を訴求することが大事なのではないでしょうか?

皆様もトレンドや季節性に左右されない、企業の“素”の部分を伝えられるようなネタ作りを試してみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->