「BtoBの事業を展開する会社のPR」

2015年10月30日

先日、ビッグサイトで行われたIT関連の展示会に行ってきました。
名前を知っている会社、失礼ながら知らない会社、数多くの企業が出展していました。
中には非常に面白い企業向けサービスを出してる会社がありましたが、世間一般には全く知られていない会社もありました。
個人的にはなぜもっと広報やプロ―ション活動に力を入れないのだろうと不思議に思いました。

上記のような事業ターゲットが企業向け、いわゆるBtoBで展開している企業の人とお話すると必ず挙がる一言があります。
「うちはBtoBだからPRはやっても意味がないです」
しかし、それは少し違います。
BtoBの企業も目的をしっかり定めればPR活動の効果は発揮されます。

例えば、村田製作所では「ムラタセイサク君」という自転車型のロボットを独自で開発しました。
最先端技術を搭載し自力で走るという性能から自社の技術力の高さを訴求しました。
併せて展示会でお披露目することで国内外のメディアで取り上げられ、話題となりました。
また、全国各地の学校から子供たちに見せてほしいという要望が殺到したそうです。
その結果、難しいとされた一般の人たちとのコミュニケーションの強化が為され、認知も広がりました。

村田製作所に関しては「一般のひとたちとのコミュニケーションをとる」ということを目的に進めた結果、自社の力を発揮する形でロボットを作ってPRしたという非常に分かりやすい例です。
BtoBであろうとBtoCであろうと目的をしっかり定め、戦略をたてて実行するこが重要であることが分かります。

BtoBの事業を展開されている会社の方々にも積極的にPR活動を取り入れて欲しいと思います。
お困りの際は是非弊社までお問い合わせください(^◇^)

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->