メディアと関わる重要性

2015年10月21日

新聞を見ていると、今日も消費税10%への引き上げに合わせて軽減税率
をどうするかの話が各方面で盛り上がっています。
日本の今後を考えると消費税UPも仕方がないとは思うのですが、
個人としては今後もUPし続けるだろうと思うと、自分の財布へのダメージに凹みそうになったりもしちゃいますね。

全く話は変わりますが、
新聞を読んでいて気づくことはありませんか??

新聞の中で見かける企業は何回も見かけるのに、
素晴らしい会社でも見かけない企業は全く見かけない。
企業幹部や広報に携わる方だけでなく、営業の方なども自社のことをもっともっと分かって欲しい、
と思っているのに何故かあまり取り上げられない。

何故だと思われますか??

これには色々理由はありますが、1つ簡単な理由があります。
それはすごくすごく単純なのですが、自社のことをメディアが知らない、だけなんです。
逆に言えば、メディアに自社のことをよく知って頂けると勝手にメディアから声をかけて頂けるようになったりもします。

また、それだけでなく、
不祥事など社会的にネガティブなことが起きてしまった場合にも、
メディアに日頃からキッチリと情報提供していれば、変に誤解されずに情報を出してもらうこともできます。

逆にメディアリレーションがなく、またどうメディアに接していいか分からなければ、
たとえ悪意はなくとも「隠している」と取られ、必要以上にメディアから突っ込まれることもあります。
数年前に起きたお菓子メーカーなども、日頃からメディアを遠ざけるのではなく、
しっかりとリレーションを獲れていてればあそこまで大事にならなかったかもしれません。

一朝一夕にメディアとのリレーションは構築できませんが、今からでも1つ1つ始めて見られてはいかがでしょうか。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->