クールビズのプロモーション戦略

2015年10月15日

10月も中旬に入り過ごしやすい季節になってきました。
そろそろ『クールビズ』の装いも終わりを迎え、秋の格好に衣替えの時期へとなってきましたね。

そこで気になったのですが、
『クールビズ』という言葉、今では当たり前のように使われていますが、
世間に認知されるようになってここ数年のような気がします。
一体どのようにして、『クールビズ』という言葉がこれほどまで認知されるようになったのでしょうか?

今回は、『クールビズ』のプロモーション戦略に着目していきたいと思います。

そもそも『クールビズ』とは、今から10年前、2005年の小泉内閣の時に始まったもので、
省エネ、地球温暖化防止を目的とした夏場の軽装により冷房節約のキャンペーンだそうです。

それでは、『クールビズ』のプロモーション戦略がどのように成功したのかの前に
失敗例を一つご紹介させていただきたいと思います。

実は、『クールビズ』の26年前、『クールビズ』に似たキャンペーンがあった事をご存じですか?
その名も省エネルック。
1973年、大平内閣の時代です。
石油節約や節電対策のため、政治家が連日のように省エネルック(スーツを半そでにしたもの)で
メディアに登場するものの、全く普及することはありませんでした。
メディアを使って大々的にPRし話題になったのに普及しなかった。
それはいったいなぜなのでしょうか?

その失敗の主な要因として、ターゲットとなるビジネスマンの事を全く考えていなかったためと言われています。

涼しさのためにただスーツを半そでにしただけという見た目のダサさに加え、
省エネルックという言葉で国の政策を押し付けたイメージを植え付けてしまいました。
その結果、当時のビジネスマンたちに「着たくないな」と思われ、省エネルックは失敗に終わってしまいました。

そこで小泉内閣は、この失敗を踏まえ『クールビズ』という言葉でターゲットとなる
ビジネスマンが受け入れやすいように「かっこよく、涼しく、地球温暖化予防」というイメージをもたせました。

さらに抵抗感排除のため当時の愛知万博で財界トップによるクールビズファッションショーを開催したり、
ウェブや広告、テレビなども活用して様々な情報発信を活発に行ったそうです。

こうして、『クールビズ』はビジネスマンに受け入れられました。

どのような人たちに(ターゲット)、どのようなことを伝え(目的)、
どうやって訴求していくのか(手段)が重要であるといういい例だと思います。

現在では、TV、雑誌、WEBメディアなど様々な媒体がありますが、
ただ商材やサービスを認知させるために露出させるのではなく、
どのようなターゲットにどのような目的で情報を認知させていくかがより重要になってくると思います。

そうでないと、せっかく情報を訴求させても全く普及せず、
無駄に終わってしまうばかりかマイナスイメージを持たれかねませんからね。

PR・広報を担当されている方も、今一度、どのような人たちに
どのような情報を訴求していくのかというターゲットと目的を明確にし、
PR活動に取り組んでみたらいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->