大人気商品「フルグラ」マーケティング戦略

2015年06月28日

フルーツグラノーラといえば、今や健康や美を意識する女性の定番シリアルになりました。

人気タレントや女優さんもブログやSNSなどで紹介し話題になっていますね。

今日はその「フルグラ」のマーケティング戦略を分析したいと思います。

まずはマーケティングの4Pをどのように設定し、仕掛けていったのでしょうか。

①製品戦略
発売10年後の2001年には「グラノーラ」と「フルーツグラノーラ」の2商品を「フルーツグラノーラ」と名称を統一しています。
(2011年に「フルグラ」に名称変更)

2002年には「イチゴ」を入れた製品にリニューアル。
食物繊維の大切さが認識され始めた時代背景も考慮し、おいしさと高い機能性を備えたすぐれた商品を作り出しました。

さらに2011年にはアレンジレシピコンテストを展開、2012年にはレシピ本を出版。
「フルグラ」の持つ魅力を多様な用途で紹介するとともにほかのシリアルとは一線を画す存在と位置づけています。

②価格戦略
2009年から経営体制を変更したことで、高コスト体質から脱却を図っています。
大胆なコスト・リダクションを基に大衆価格を実現し市場に大量投入することで認知度を向上させました。

「フルグラ」は他社商品と比較すると大衆価格戦略で購買層を広げています。

③流通チャネル戦略
従来のターゲットは40、50代の女性でしたが、ドラックストアやホームセンターへ流通チャネルを拡大することで、20、30代を含めた幅広い層へ訴求していきました。
この結果、食物繊維や鉄分が豊富なことから女性を中心に広い層に支持が広がりました。

④販売促進戦略
「シリアルと呼ばないで!」

ここが一番のポイントです。

「フルグラ」は朝食の主役であるご飯やパンと競合させるのではなく、
ヨーグルトや牛乳にプラスする゙オトモダヂとしてのポジションに変更しました。

゙オトモダヂとして位置づけることで食べる機会を増やすことができたと言われています。

また、日本人好みに改良を続けた味覚と健康性で、「認知度を高めれば必ず売れる」と確信し広告よりも「試食による人的販売」を重視しました。

このように話題性を作ることでパブリシティとして広がる仕組みを築いたことで成熟期にあった「フルグラ」ですが外部環境の変化によるチャンスをマーケティングの4Pで具体的施策として取り組み生かした結果、爆発的ブームを引き起こしたのです。

メディアがメディアを呼ぶ仕組みも作ってしまえば、広告費の削減になり、より効果の高いパブリシティの大量獲得にもつながるなんて一石二鳥ですね。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->