地方PRにみる成功のポイント

2015年02月02日

早い物で1月ももう終わりですね。
そして今日は雪。寒いですね〜こんな寒い日は温かいうどんを食べたくなりますね。

最近いろいろな企業もさることながら地方自治体からも
相談頂く事が増えてきました。

地方と言えば、地方PRで先駆けになった「香川県」
そう。私が高校まで育った香川県です。

皆様もご存知の「うどん県」ですね。
香川県民のソールフード「うどん」。

香川県出身の俳優を議員に見立てた斬新な記者会見をおこなった「うどん県」から4年。
昨年、香川県を訪れた県外観光客数は9,177千人となり、対前年比3.2%の増加となり
今では、全国に浸透し、県内のタクシー会社がこぞっておすすめうどんツアーを行い、
県をあげてのプロジェクトとして成功と言えるのではないかな。
本州からの窓口である高松駅では「うどん県パスポート」ももらえる。

この香川県PRを見てみると「うどん」、「パスポート」という
二つのキーワードが浮かんでくる。

実はこれ、昔から香川県民が四国以外の県の人にずっと言われてきた事。

「四国ってパスポートいるよな?」
「香川?どこだっけ?あ〜うどんね」

ずっと言われていた皮肉?をそのままリアルにしてしまったのである。

もちろん、香川出身の有名映画監督が作った映画が火付け役になっているが
お遍路でも、オリーブでも、源平合戦でもなく、最大の強みをうまく活かし、
県全体に浸透させ、全国にも浸透させていったのである。

相談を受ける時、1年でと言われる事もあるが、やはり”浸透”させる事を考えるとかなり難しい。
長期的なプランが必要である。

香川も、「うどん県」だけで成功できる訳もなく、
次の手として「うどん県。それだけじゃない香川県」として
うどん以外の強みの訴求を行っている。
しかし、今流行のゆるキャラでみてみると、
「オリーブしまちゃん」、「さかいでまろ」など
色々でているもののぱっとしていない。
徹底的にうどん推しなのである。

ここでのポイントは、最大の”強み”(うどん)を活用したストーリーが描けている事。
そして、”認知”の土台に積み重ねられたスピンオフが、リアルと融合している事。
もちろん、これまで書いてきた”共有”ができるコンテンツ(ゆるキャラや観光名所)も随所にちりばめられている。

うどんを食べに香川に行ったら、オリーブもいいのがあって、瀬戸内のお魚美味しくて、
自然が一杯で、見所もたくさんあって楽しい香川県

という人々の”体験の流れ”と”ストーリ作り”が実に”うまく融合している”のである。

他の県を見てみると、もちろんストーリーを作った上で、自虐的な県PR、ゆるキャラ、B級グルメなど、
様々な手法でPRを行っているが、”浸透”で考えるとまだまだ時間がかかる。

地方も、企業も、商品PRも根幹は同じ
いかに柱(強み)にそったストーリー展開が作れるかと言う点が重要であとは、
県全体でそれを貫き通す”実行力”と”忍耐力”が必要ではないかな。

ということで、今日はうどん食べて寝ます。

では風邪を引かないようご自愛ください。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->