PRは驚きを提供すること

2014年12月28日

今年一年、あと3日ですね〜。
歳を重ねていくと1年が早く感じると良く聞きますが、ホント1年がはやい!!

皆さんは、どうだったでしょうか。

私は、それなりに充実した1年だったように思います。(笑)
皆さんは、年末年始は旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。

さて、今年最後のコラムのテーマは「訪日観光客を顧客にかえる」です。

現在、日本に来ている海外の観光客はのべ年間1036万人を超え、
その買物消費額は驚きの7000億円と言われています。

ここに注目しない手はない。

ということで、様々な企業が、我先にと対応に追われていますね。

確かに、ショッピングモールやブランド品を扱うお店に行くと
中国語、英語、韓国語等の表記が目立ちます。
私の地元にある小さなショッピングモールでも、
各国出身の方がスタッフとして働いているくらいで「ここもか」と思うくらいです。

しかし、よくよく見ていると、ターゲット(国籍)に併せ、
ちゃんとその店の”売り”を自己紹介ができているとこは
まだ少なく感じます。

ターゲットに併せ、企業の特徴を簡潔に訴求する。

これは、PRの基本です。

当然ターゲットが変われば、我々で言う訴求ポイント(ネタ)が変わり
プロモーション方法も変わります。

それは、企業に眠っていて、こんなネタつかえないよねというネタが
響くかもしれません。

全てはターゲット選定からの戦略立案ですね。
ここが我々PRマンの腕の見せ所。

「大手企業だからお金を使ってできること」
と我々も営業時よく聞きます。
でも、お金がなくてもできることは、山ほどあります。
例えば、知り合いの外国人に色々聞いてみるとか。

幸い、「made in japanは安心」やアニメなどの「クールジャパン」、
無形文化遺産、2020年東京五輪など、「日本のイメージ」は良い土壌があります。

観光に訪れる彼らのニーズを刺激し、驚きを提供し、共有してもらう環境があれば
囲い込む事が出来ます。

それを実現した例では、お寿司の形の消しゴムや、
かっぱ橋にある刃物屋さんがあります。
自社の強みを最大に活かし、リピーター獲得にも成功しています。

後は、「自社では無理」と思うのではなく、
「自社ならできるかも」と思い、一歩を踏み出す事ができれば
「面白いことをやる企業」、「素敵な商品を扱うお店」という意識を与えられ
また、訪日した際にリピーターに育てる事が出来ます。

そういう視点で、年末の街を探索してみても面白いのではないでしょうか。

来年こそは、旅行に絶対に行きたーーい!!

では来年も皆さんにとってたくさんの幸せが訪れますように
Happy New Year!!

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->