ザク豆腐の成功事例に見る、メディア戦略

2014年10月27日

さてさて、気がつけば最後に更新したのが2月!?
この8ヶ月いろいろネタを仕入れていたので。。
なんて苦しい言い訳をしながら、
これからは、SNSをうまく活用したPR事例を届けていきますね。

さて、そろそろ鍋がおいしい季節になりましたね。
鍋と言えば、2012年に140万丁も販売され2億8000万円もの売り上げを稼ぎだした
「ザク豆腐」をご存知ですか?

群馬県に本社を置く相模屋食料株式会社という会社が、
人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍側のモビルスーツ「ザクII」の
頭部を豆腐で模して、2012年の3月に販売したコラボレーション商品です。

「どちらも(“モビルスーツ”と“和食”の)基本」、
「どちらも“量産型”」、
「どちらも食卓の“名脇役”」
のコンセプトつくりもさることながら、なにより社長が、部類のガンダム好きということで、
発表会など徹底的にガンダムパロディーにこだわり、工場もまさにMS工場のように徹底されていた事が話題をうみましたね。

この事例を、PR視点で見てみると、

まず、「ガンダム」と言う今尚ファンの心をつかんでいるアニメと、
毎日食卓に並ぶ豆腐とをかけた新商品を作った事。
それによりガンダム好きの消費者だけでなく、
ガンダム世代のメディア記者の心をつかんだ。(興味喚起)

発表記者会見を、”オカタクやる”のではなく、場所はマニアの聖地・秋葉原で、
ガンダムの本物の声優をゲストに招いたり、
プロモーション動画も、まさにガンダムを彷彿とさせる内容で遊び心満載の
記者会見で望んだ事。(話題性の創造)
案内状は552通送付し、来場数は64媒体。(一流企業でもここまでは集まらない。)

そして、買った消費者が、実際に、鍋にザク豆腐を浮かべた“ジオラマ写真”と一緒に
どこのお店で売っていたという情報をSNSで共有したり、HPでジオラマコンテストを
開催し、友人がやっている→自分もやって共有したいというゲーム性を刺激し、
豆腐売り場に縁遠い、30~40代男性を取り込んだ事。(参加できる仕組みの創造)

の3つのポイントがうまく仕込まれており、恐らく、最初のアプローチ以外は
企業からメディアへお願いするのではなく、
メディアから取材したいと言われつづけたのではないかと想像できる。
こうなれば、PRの理想である。

PR戦略とは、ただ、メディアへの単発の露出だけを考えるのではなく、
「消費者とメディア記者への興味喚起」、「世間を巻き込む話題性の創造」、
そして「共有したくなる空気(参加できる仕組み)」を作り出す事こそ、
本来のPR戦略だと言える。
そういう意味でも、このザク豆腐はベストな事例の一つといえるのではないかな。

ガンダム好きとしては、いつか「ガンダム豆腐」を鍋に浮かべて
あの名台詞を叫んで豆腐を掴んでみたい。

アムロ行きまーーーーーーーーーーす。

相模屋食料株式会社のザク豆腐プロモーションビデオ

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->