意味のあるPR活動とは??

2014年10月22日

こんにちは。

段々、秋が深まりつつある今日この頃ですが、
ビジネスマンの皆様はこれからの年末商戦に向けて
色々と準備をされていることだと思います。

上司から数字を詰められるこの季節、
キッチリ乗り切って年末に美味しいお酒を飲みたいものです。

では結果を出すPRというのはどういうものでしょうか?

いろいろな広報担当者の方々とお打ち合わせをしていて、よく耳にするのが、

「TVに出せますか?」「5大紙に出せますか?」という言葉。

確かにTVや5大紙に出せると効果はあるのですが、
ただ出すだけでは意味がありません。

「誰に」対して、「何を」訴えたいのか、を明確にした上で、
だから「どのメディア」を使うか、が決まってきます。

ただ無暗に出してもあまり意味がありません。

しかも、出すだけではなく、それを「どう活用するか」というのも
合わせて考える必要があります。

どの企業にも「事業課題」があり、例えば売上○○%UPであれば、

それを達成するために、営業マンを増やすのか、セミナー開催するのか、イベント出展するのか、WEBサイトを強化するのか、

広告をかけるのか、を考えます。

PRもそれら各施策と並列な事業課題を解決する施策の1つであり、
それら施策とどう連動させるのか、

せっかくイベント出展するのだから、その取り組みをメディアに取り上げて頂き、更に掲載記事をクリッピングして営業活動に活かす、

など、PRも含めたマーケティングストーリーを作ることが大変重要です。

そう考えると、メディア露出した際によく使う「広告換算費はいくら?」

ってあまり意味がありませんよね!?

皆さんと一緒に、年末美味しいお酒を飲みましょう!!

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->