「2016年タレントCM起用社数ランキング」

2017年05月01日

昨年、最も数多くCMに起用されたタレントは誰か?テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターの『2016タレントCM起用社数ランキング』によると、男性部門は、嵐の相葉雅紀と男子プロテニスの錦織圭選手が12社で1位を獲得。相葉は2年連続、錦織選手は初の首位となりました。女性部門は、女優の吉田羊が13社で初めてCMクイーンの座に輝きました。
男性部門の2位は11社で、嵐の櫻井翔、二宮和也、俳優の西島秀俊といった上位常連タレントに並び、俳優の遠藤憲一もランクイン。3位は10社でTOKIOの長瀬智也、嵐の松本潤、歌手・タレントのDAIGO。4位は9社で嵐の大野智、スポーツキャスターの松岡修造氏、トレンディエンジェルの斎藤司でした。
女性部門では、女優の広瀬すず、モデルのローラ、タレントのマツコ・デラックスが12社で2位。3位は11社で女優の有村架純、松岡茉優。以下、女優の桐谷美玲、波瑠、平祐奈が10社で4位。5位は9社で昨年1位の上戸彩のほか、綾瀬はるか、杏、木村文乃、山本美月という結果でした。

【男性部門】
1位(12社) 相葉雅紀 錦織圭
2位(11社) 櫻井翔 西島秀俊 二宮和也 遠藤憲一
3位(10社) DAIGO 長瀬智也 松本潤
4位(9社) 大野智 斎藤司 松岡修造
5位(8社) 小栗旬 城島茂 松重豊

【女性部門】
1位(13社) 吉田羊
2位(12社) 広瀬すず マツコ・デラックス ローラ
3位(11社) 有村架純 松岡茉優
4位(10社) 桐谷美玲 平祐奈 波瑠
5位(9社) 綾瀬はるか 杏 上戸彩 木村文乃 山本美月

男性部門では、相変わらず「嵐」が人気。CM契約金を仮に1社1000万円とすると12社だと単純に1億2000万円・・・。
なお、今年(2017年)のランキングには「ピコ太郎」がおろらくランクインすることでしょう。

ちなみに、過去5年の年間CM起用社数1位は、
【男性部門】
2015年:相葉雅紀(嵐)(12社)
2014年:櫻井翔(嵐)/松岡修造(11社)
2013年:石川遼(12社)
2012年:石川遼(15社)
2011年:石川遼(17社)

【女性部門】
2015年:上戸彩(13社)
2014年:ローラ(14社)
2013年:武井咲(17社)
2012年:板野友美/篠田麻里子(20社 共に当時はAKB48)
2011年:大島優子(19社 当時はAKB48)

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->