日本の古き良き伝統を伝えるPR

2017年04月17日

こんにちは。

つい先日まで、私のオフィス近くは
桜が満開でした。

新入社員も交えて、
お花見をされた方も多いのではないでしょうか。

やっぱり桜は何度見ても
風情があっていいですね。

さて、今回は
日本の古き良き伝統文化や風情を伝える
PR手法について考えてみたいと思います。

最近、ネットで色々調べものをしていたところ、
「たてよこWebアワード」というものが存在することを
発見しました。

一体何でしょう?

簡単に言うと・・・

・総務省が後援し、電子書籍端末メーカーや印刷業者などが
共同で推進する「縦書き文化」の普及プロジェクト。

・web上でテキストレイアウトを組む際、
横書きだけでなく、縦書きも手軽に組めるよう、
Webデザインに自由を与え、
一般から優秀な作品を募集し、表彰する。

・横書きだけでなく、縦書きも組み合わせることで、
日本の伝統文化の良さ(俳句、川柳、書道など)や、
日本独自の風情等を表すことが可能。
画像ソフトだけに頼らず、
テキストでも縦書きをweb上で表現できる。

あ~、なるほど。
言われて見れば確かにそうですね。

旅館や温泉街、観光地など、
情緒的な日本ならではの場所は、

たとえWeb上であっても、
縦書き独独の風情があったほうが
日本らしさを感じさせることができ、

その技術を普及させることそのものに、
社会貢献になるかもしれませんね。

あと、日本のふるさとや風情が大好きな
おじいちゃん、おばあちゃん達も、
たて書きで作られた素敵なwebサイトを
見たことをきかっけに、
ネットサーフィンにはまる、
という動きも自然に広がりそうな気がします。

旅行に行きたくなったり、
昔話に花を咲かせたり・・・。
そんな動きが日本中、世界中で自然に広がっていけば
とても素敵だと思います。

そして改めて感じるのは、
インターネットの良いところは、
国籍や人種、身分を問わず、誰でも公平に使える、
ということですね。

そして、
単に新しいものばかりを追い求めるのではなく、

普段皆さんが忘れかけている
かけがえのないものを
見直すきっかけとするために
デジタルを上手に活用し、
アナログとデジタルのいいところ取りをする。

とても重要だと痛感します。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->