新しいメディア

2017年03月23日

3月中旬ですが、まだまだ寒いですね。

寒い時期はひたすら部屋の中にこもってネットサーフィンをしている私ですが、
職業柄ついつい何が流行っているのかが気になってしまい、ついつい夜更かししてしまいます。
今回は、寝不足になりながらも気になったトレンドをご紹介いたします。

さて、それではここで一つ問題です。
今、10代、20代の若い世代の中で静かなるブームが起きている新しいメディアをご存知ですか?

ネット限定チャンネル、LINEニュース、AbemaTV等がいろいろなメディアがありますが、、、

正解は、ラジオ。

そう、みなさんご存知のあのラジオです。

実は今、ラジオが新しいメディアとして若い世代に再注目され始めています

ひと昔の前のイメージのあるラジオですが、
彼らの両親の世代もラジオを聞かなくなっているのため、今の10代はそもそも生まれてからラジオに接する機会がほとんどありません。
そのため若い世代にとってラジオは、ウェブメディアやSNS、テレビともまったく違う初めて触れる”新しいメディア”なのです。

SNSやネットが身近ある若い世代にとってなぜ、ラジオが受け入れられているのでしょうか?

それは、ラジオならではの空気感にあると考えられています。

少し前から、「LINE疲れ」や「Twitter疲れ」と言った言葉をよく耳にするようになりましたが、自由気ままに情報発信出来ていたSNSが、

いつの間にか、周りの目や反響を意識しながらの発信に変わってしまい、ソーシャル疲れが起きるようになってきました。

そんな中、ただ何となく聞き流せるラジオだからこそ、友達や家族、SNSでつぶやきづらいことも相談しやすくなるそうです。

また番組ごとに顔の見えないリスナーと作り上げていく一体感、仲間感というのが、SNSでは産まれない新たなコミュニティを創り出しているのも、

若い世代に受け入れられている大きな要因だそうです。
ラジオは「古い」から「新しい」に変化している中で、いかにうまくPRの手法として活用していくのかが今後のトレンドになりそうです。
皆様もぜひ、もう一度ラジオについて考えてみて下さい。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->