若者の心を掴むPR

2017年03月21日

みなさんこんにちは。
もうすぐ春ですね。
花粉のきつい季節ですので、
くれぐれも気をつけましょう。
さて、今回のテーマは、
若者の心を掴むPRです。
先日、とある展示会にご出展されていた
企業の方と情報交換をしてきました。
介護施設向けに、ファッショナブルなユニフォーム
(まだ市場には出回っていないそうです)を広めることで、
介護業界のイメージを刷新したり、
とある人材系企業とのコレボレーションで、
若者の介護業界への就職率をアップさせたい、
という熱い想いを語っていただきました。
(ユニフォームは、どれもカラフルで、
とてもおしゃれな色とデザインでした!)
介護業界と言えば、一般的に若者から
きつい、しんどい、汚いというイメージを持たれており、
敬遠される傾向が強いです。
そんな中、こちらの企業ではファッションを切り口に、
介護職のイメージを変えていきたい、という思いで
事業を展開されておられます。
ユニフォームのデザインのベースとなっているのは、
福祉分野で進んでいる北欧の
優しい色合いだそうです。
いつでも前向きな自分でいられて、
気分も爽快になるラベンダー系北欧柄や、
いつでもやさしい気持ちで触れあえるよう、
北欧の緑豊かな自然をイメージした
ライトグリーンやフラワーボーダー柄を
ユニフォームに採用するなど、
介護する側も、介護を受ける側も
ストレスを緩和するための
きめ細かい配慮がなされています。
デザインも若者が好むようなファッションを
意識して作られていますので、
まずは見た目から関心を持ってもらえると思います。
若者向けにPRをするポイントは
「まずは形から入る」
ことかもしれませんね。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->