三方良しのPR

2016年12月26日

年末になり多くの忘年会が繰り広げられる季節になりましたね。
私も今月に入り、居酒屋さんに足を運ぶ機会が一気に増えました。
そこで、今回は居酒屋さんを使ったPR事例をご紹介したいと思います。
ご紹介するのは『居酒屋の白木屋さんと映画のレッドクリフ』のコラボPRです。
レッドクリフ側(エイベックスさん)は映画のスチール写真を提供い、白木屋さんにはレッドクリフメニューを考案してもらいました
そして、スチール写真上にレッドクリフメニューを載せたポスターを白木屋店内に張るのです。
ポスターを作成したり独自メニューを開発するなど、何億というお金が動くとても大掛かりなPRの様に感じますが
実はこれ、、、双方の間に一切お金が発生していないPRなんです
その秘密は、”三方良し”の関係性をうまく作った事にあります。
エイベックス側は、映画の宣伝のために多くの人が集まる居酒屋にポスターを出し認知度を上げたい、
白木屋側は、オリジナルメニューを作り製作費100億円を超える大作映画に乗っかる事でより多くのお客様を獲得したい。
メディアは、居酒屋と映画のコラボという珍しいネタが欲しい。
お金ではなく、それぞれが欲しい対価をそれぞれが提供できる資源を使い補う事でこの宣伝は成立しました。
結果として、多くのテレビ番組で取り組みが紹介され映画の認知度は向上、白木屋さんでも多くの方がコラボメニューを注文する事で売り上げは伸びました。
PRをする際には多くの企業や人に協力をしてもらわなければなりませんが、
相手の求める対価をしっかりと理解し提供する事で行動を起こせる幅も広がってくるのですね。
皆様も”三方良し”の関係を構築してお金のかけないPRを実践してみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->