ホットワードを活用しよう

2016年11月07日

11月4日の日本経済新聞1面に「AIと世界」というコラム記事が掲載されていました。
皆さん「シンギュラリティー」ってご存知ですか?
今から約30年後の2045年に人工知能(AI)が人知を超える特異点のことです。
今までSFの世界と思われていたことが本当にどんどん現実化していますね。

最近、よく「AI」や「人工知能」などのキーワードを見られませんか?
またそれ以外にも、「シェア」「フィンテック」「地方創生」「女性活用」など、
しばしば聞くワードがあると思います。
これら大勢に関心を持たれているキーワード、時代のトレンドとなるキーワードである
「ホットワード」を上手に活用することがPRにとって大変重要になります。

近頃の就活生が関心を寄せていることに「ブラック企業」かどうか、というのがあります。
このワードが指し示す真の意味で賛否両論があると思いますが、
最近も大手広告代理店の問題を取り上げメディアで大きく騒がれています。

ちょっとユニークな例ではありますが、賛否両論色々な意味で注目される
「ブラック企業」というワードを逆手にとり、『当社は超絶ブラック企業です』と
アピールする企業もあります。もちろん良い文脈でですが。

これらのように、社会的に注目が集まるキーワードを活用し上手に注目を集め、
また社会から自社につながる文脈を創ることでメディア露出も狙ってみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->