テレビ番組のメインターゲットを知る

2016年11月04日

テレビ番組に情報提供(アプローチ)する際には提案シートを作成します。
新聞や雑誌の活字媒体へは文章が中心ですが、テレビやWeb媒体へはビジュアル(画像)を主体に、というのは皆さんご存知のことと思います。
また、テレビ番組への情報提供する場合は、出来れば番組ごとに提案シートを作成することをお薦めします。
例えば、「下脚静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」という病気をテレビ番組にアプローチするとします。「下肢静脈瘤」とは、脚の血管(静脈)がコブ(瘤)のように膨らみ、血管がボコボコと浮き出る病気です。病気の概要を説明する以下のような要素があります。
・日本人の潜在患者数は1,000万人以上
・40才以上を対象にした調査では、全体の8.6%(男性3.8%、女性11.3%)が発症
・出産経験のある女性の2人に1人が発症の可能性あり
・立ち仕事をしている人に発症しやすく、教師や調理師、美容師、販売員、キャビンアテンダントなどの職業の女性は要注意
・若い女性に多い予備軍
・脚の「むくみ」「かゆみ」「こむら返り(足がつる)」は病気の疑いが濃厚

「下肢静脈瘤」は女性に多い病気です。そこで、情報番組を中心にアプローチすると仮定し、実際に提案シートを作成すると・・・
フジテレビ「めざましテレビ」は、10代後半から20代がメイン視聴者層のため、「立ち仕事の人に発症しやすい、若い女性に多い下肢静脈瘤予備軍」というキャッチで作成します。
日本テレビ「スッキリ!!」やTBS「あさチャン!」は、20代~40代がメイン視聴者層のため、「立ち仕事の人に発症しやすい、出産経験のある女性の2人に1人が発症の可能性あり」というキャッチで作成します。
テレビ東京「L4 You!」は、40代以上がメイン視聴者層のため、「40歳以上の約10%が発症、脚の「むくみ」「かゆみ」「こむら返り(足がつる)」は病気の疑いが濃厚」がキャッチになります。

上記は、あくまでも一例ですが、テレビ番組に提案する際には、まず、その番組のメインターゲットを知り、メイン視聴者層にとって、興味深く、関心が高くなるようにアレンジすることが重要です。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->