ご当地PR_”ブーム”の後、どうする?

2016年11月04日

こんばんは。
11月に入り、かなり寒くなってきましたね。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

年末年始にかけて、
「今年はどこで過ごそうか?」と考え始める人も多いのではないでしょうか?

さて、今日は「ご当地PR」について考えてみたいと思います。

これまで様々な自治体や町で実施されたいわゆる「ご当地PR」や「町おこし」を色々見てきた中で、
ふと考えたことがあるのです。

「ここ数年、ゆるキャラやアニメ作品等を題材にしたご当地PRの事例は多いが、”ブーム”がひと段落した後、どうなるんだろうか?」
と。

今大ヒット中の映画「君の名は。」の舞台の一つである、岐阜県飛騨市。

大ヒットアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台とされる静岡県沼津市および淡島。

ゆるキャラPRで成功した
熊本市(くまモン)
今治市(バリィさん)
等・・・。

日本中のいたるところで
浸透している、作品やキャラクターを活用したご当地PR。

アニメ作品に登場する魅力的なキャラクターや世界観に未了されたり、可愛いゆるキャラがきっかけで
いわゆる”聖地巡礼”をする人が増えている、という現象があります。

そんな中、異変が起きているのが、「ゆるキャラのリストラ」です。

明日、11月5日より開催予定の「ゆるキャラグランプリ」では
開催依頼、初めてキャラクターのエントリー数が減少しました。

一体何が起きているのでしょうか?

その背景には、各自治体の厳しい現実と疲弊感が表れています。

例)
・ゆるキャラがあまりにも増えている

・ご当地の知事すら知らない、ゆるキャラも多い
(北海道庁だけでも44以上のキャラがいるそうです)

・とある自治体では、商工会議所や大学と応援協定を結んで
「組織票」固めに入り、選挙カーまで走らせて市民に投票を訴える、
といった”本気すぎる選挙運動”にまで発展

・キャラクターの制作開始年度の予算は、
約3割の自治体で100万円を超える

・「グランプリに出場しても、何百位では逆効果」となったら怖いので、
辞退する
等・・・。

う~ん、確かに厳しいですね~・・・。
安易な発想で手出しすると痛い目に遭うようです。

大切なのは、
PRで成功している事例の表面的な部分だけでなく、
その裏側にある、綿密な仕掛け、計画、ビジネスモデル等をよく研究・分析し、応用することではないか、と思います。

あとは、仮にキャラクターがヒットした後、
それに付随するご当地に関連するもの(おみやげ、名所など)に対し、宣伝色を出しすぎずに、ファンをいかに自然に定着化させ、
リピーターにつなげるかが今後の課題と言えるのではないでしょうか。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->