日常の中で感じるPR

2016年10月24日

11月も近くなり、朝の通勤電車でもネクタイ姿のサラリーマンが目立つ季節となりました。
私は、出勤前に必ずコーヒーを飲むのですが、最近ではアイスではなくホットを飲んでいます。

そんな変化を感じながら、朝のコンビニでミントタブレットを選んでいる時です
数あるミントタブレットの中から私は無意識に『フリスク』を手に取っていました。
若手とはいえ、ずっと広告やPRの仕事をしていると、
ついつい自分がフリスクを選んだ理由を考えてしまうのです。

コンビニの商品棚には、20種近くのミントタブレットが並んでいました。
しかし、私がフリスクを手に取ったのは、駅のホームでフリスクのポスターを見たからです。
そこには野球の試合でエラーをしている少女が描かれており、【わずかな差が人生を決める】というコピーが入っていました。
その広告を見た時は、ポスターのコピーに”共感”をしただけでした。

しかし、実際に私はコンビニで商品を選ぶ際に、ポスターを思い出しフリスクを購入しています。
その時の私の頭の中では、
【これからの仕事に備えてミントタブレットを買おう】→【ポスターを思い出す】→【今日も一日良い仕事をする為にフリスクを買おう】
という一連の流れで思考を巡らせていたのです。

フリスクの独自性は、
他のミントタブレットと比べて【強いミントの刺激と持続する清涼感】です。
恐らく、フリスクを販売するクラシエフーズが伝えたい特徴をそのまま、広告のコピーとして伝えていたら、
私はフリスクを購入していなかったでしょう。

このコピーに隠れている戦術は2つです。
一つ目は【五感に訴える文脈】です。
これは、”わずかな差が人生を決める”という生活者が自らの体験に絡ませてイメージし易い文脈にすることで
生活者の感情を刺激しているのです。恐らく、今回刺激された感情は”共感する”という感情です。
私は、高校時代ラグビーをしていたのですが真夏の暑さでぼ~っとしている時の試合で、ミスをした経験を思い出しました。

二つ目は【商品のイメージ定着】です。
”わずかな差が人生を決める”という言葉の裏には”フリスクを食べると頭が冴えて失敗しない”というメッセージが込められています。
これは、大事な仕事の時にはフリスクが助けてくれる。というイメージを生活者に抱かせているとも言えるのです。
この様に生活者が商品を使った時に提供できる利益を、イメージさせる事ができれば、購入に繋がります。
そして一度イメージ通りの体験をした消費者は、商品に大きなマイナスイメージを抱かない限り再び同じ商品を購入する事になるでしょう。

この様に、広告やPRで生まれたコピーの中には様々な手法が隠れています。
皆さんも、自社の商品やサービスを宣伝する際には
・体験をイメージし易い文脈にすることで五感を刺激する事。
・使用した際の利益を約束する事で商品イメージの定着を図る事。
を意識して、宣伝をしてみてはいかがでしょうか。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->