時代の流れに関連付けてPRを考えてみる

2016年06月27日

皆さんもビックリしていると思いますが、英国がECから離脱してしまいましたね。
私も7割方は残留と思っておりました。
英国の一般市民の中に、鬱積したものがこれをキッカケに爆発したんですね。
ところで、PRをしていると世の中の動きや流れに自然と目がいくようになります。
PR活動をする際に大事なことがいくつかありますが、
その大きなものに“情報クリエイティブ”があります。
これはファクトを創り出したり、事実は変わらないにしても切り口を創り出すことです。
切り口を考える際に、情報の出し手の視点ではなく、受け手の視点でものを考えることが
重要になってきます。
“受け手”もメディアの種類によってそれぞれ変わってきますが、
それぞれのメディアの読者層で注目されていること、注目されそうなことに着目し、
それとどう関連付けるか、を考えていきます。
記念日やシーズンに関連付けるなどの小さなことではなく、世の中のトレンドや流れに
関連付けると大きなテーマでの記事になるかもしれません。
少し難易度は高いですが、時代の流れに自社や自社サービスを関連付けてのPRにも
挑戦されてみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->