掲載情報の2次利用について

2016年05月16日

みなさま、G.W.はいかがだったでしょうか?
今年は、最大10連休のお休みがあり有意義に過ごされたのではないでしょうか?

また企業・広報側の観点から見るとG.W.商戦としてレジャーイベントを行い
メディアに取り上げられた企業様も多いかと思います。

広報担当者としては、
G.W.に向けて苦労してメディアにアプローチを行い、掲載を獲得したのだから、
ぜひ営業資料や自社のホームページで掲載情報を2次利用したいと考えているかと思います。

しかしパブリシティ情報の社内共有や社外への発信は、著作権やコンプライアンスの観点からOKかNGかの線引きが難しく悩まれている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、掲載された記事の2次利用についてケース別で取り上げたいと思います。

ケース1:新聞記事を取引先へのプレゼン・提案資料等の営業資料として使いたい

家庭内のみで利用する「私的使用」ではなく営業の現場で使う材料にする場合、
それがクローズドな場面だとしても掲載媒体に確認し許諾をもらう必要がります。

ケース2:ホームページ・SNSで公開したい

この場合も掲載された媒体の許諾が必要になります。
但し「○月○日○○新聞にて、弊社の新商品○○が取り上げられました」などと文章で紹介する場合には許諾が必要ないケースもあるようです。

ケース3:新聞や雑誌で掲載された記事そのものをスマホで撮影してサイト上で紹介したい

最近よく見かけますが、実はこの場合も2次利用にあたるため注意が必要です。
新聞社ではこのようなサイトを見つけた場合、注意・警告を発しています。

広報の観点から見ると掲載された記事の2次利用は、話題作りや更なる認知拡大にとても効果的だと思いますので、
ぜひ一度掲載媒体に利用許諾の確認をしてみてください。
媒体によってはすぐに許諾をいただけたり、無料で使用可能なこともあるようです。

また日本複製権センターに加盟を行えばより許可申請が不要になるケースもあるようですので
うまく活用してみてくださいね。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->