SNSを活かして儲かる飲食店を作るには?!

2016年04月18日

4月も半ば、あっという間に桜も散っちゃいましたね。

ゴールデンウィークが近づいてきて、
皆さんどこに行こうかとソワソワしている頃じゃないでしょうか。
飲食店に限らず、お店側の人達にとっては、
行楽シーズンにどうやってお客さんを呼び込もうか、と作戦を巡らせていると思います。

今日は、どうやってSNSを活用してお客さんを呼び込むかを書いてみます。
SNSの代表格はfacebookですが、これの活かし方で半年後の集客が大きく変わってきます!

まず、皆さん勘違いしがちなのが、facebookをブログと思っていること、
キャンペーン情報や自分の言いたいことだけを投稿していることです。
これが結構多いんですね。

実はマスメディアを活用したPRと同じで、facebookも“メディア”と捉えることが非常に大事です。
しかも、身近な人達との関係を深めることができるメディアです。
ここでは“メディア”としての活用のツボをご披露しましょう!

【ツボその①】 お客さんとの関係性を見せる
ダラダラとキャンペーン情報やお店の情報を流しても、見ている人達は「ふ~ん」にしかなりません。
それよりも、店主とお客さん達がワイワイやっている写真を掲載している方がずっと雰囲気が伝わります。
facebookの特性として、お客さんの友達も見ていますから、仲間内で広がっていきます。
それら良質なお客さんの友達は、やっぱり良質なお客さんになります。

【ツボその②】 共感を呼ぶ投稿
こんなことまでやるんだ等、「へぇー」と意外性、ストーリー性を見せることが大事です。
徹底的に掃除をしている写真、こだわった料理の仕込、メッセージボードを持った写真など、
人は人に反応するので、人が映っている写真を掲載すると更に効果的です。

【ツボその③】 接触回数を増やす
営業活動でもそうですが、お客さんと何回も会っていると親近感が沸き受注につながっていきます。
同じようにコマめに投稿していることで、お客さんやその周りのお客さん候補も親近感が沸いてきます。

いかがですか?
SNSの活用は即効性はありませんが、半年くらい地道に行えば確実に効果が出てきます。
皆さんも、Let’s Try!!

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->