【メディアのツボに刺さるキーワード】

2016年04月08日

4月に入り桜も満開。
気持ちよい季節がやってきましたね。
これからは、お花見や歓迎会など大勢で楽しむイベントが増えてくるので、
たまには、一人でゆっくり気を遣わず好きなことをして過ごしたいなんて方も多いのではないでしょうか?

実は、私もその一人です。

今回は、“おひとりさま”に向けて発売された大ヒット商品のPRについてご紹介したいと思います。

近年、「ひとり焼肉」や「ひとりカラオケ」など単独行動でアクティブにオフの時間を過ごすソロ活を楽しむ人が増えています。
そんな新たなライフスタイルを後押ししようと去年の3月にビーズ株式会社より『オヒトリサマBBQグリル』という商品が発売されました。
その名の通り、一人でもバーベキューを楽しめるコンパクトなグリルです。

「BBQを一人で楽しもう」という逆説的な提案と「ぼっちBBQ」というワードがメディアに響き「週刊アスPLUS」、「ねとらぼ」等のWEBメディアを始め「ワールドビジネスサテライト」「めざましテレビ」等の情報番組でも商品紹介やソロ活の特集で取り上げられ、大ヒットに繋がりました。

「オヒトリサマBBQグリル」をPRする際に、特にキーワードの発信に気を付けたそうです。実は、キャンプやアウトドアに詳しい人達にとってコンパクトなサイズのグリルは目新しいものではないそうです。そこで仕様やネーミングにもこだわることでコアターゲットだけではなくアウトドア初心者、メディアにも興味を持ってもらえるようにしたそうです。

プレスリリースには、見出しに「一人BBQ」「ソロ」「ぼっちBBQ」といったキーワードを散りばめ記者が斜め読みしただけで記事化した時のイメージがつきやすいようにしたそうです。
また導入部分でもおひとりさまブームの背景を説明し、難解な専門用語は使わず写真を撮り下ろして「ぼっちBBQ」のインパクトを伝えることによりアウトドアの知識がない記者でも書きたくなるよう工夫したそうです。

メディアへの広がりを意識していかに面白く・斬新なキーワードでその商品(サービス)を紹介していくことが大ヒットへの近道なのではないでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->