時代の一歩先を考えながらのPR

2016年01月08日

新年明けましておめでとうございます。
皆様、本年も何卒よろしくお願い致します。

新年の一発目の今日は時代の一歩先を考えながらのPRについて書きたいと思います。

どんなビジネスも共通して言える事は、どんな成功スキームを構築したとしても、
現状維持では数年後には取り残され負け組みになってしまします。

常に数年後を考えた商品・サービス開発がカギになることは
言わずと知られたことですね。

PRでも同じことが言えます。

80周年を迎えた皆さんもご存知の『ヤクルト』。

今の時代は健康食ブームがきているので、菌活なんて言葉が巷を飛びまわって
おりますが、ヤクルトが発売された50年以上も昔になると、菌を飲むなんてことは
考えられない時代でした。

時代背景を考えるとヒットするどころか、まったく売れないことが想定されます。

そこで考案されたのが、ヤクルトレディ。

女性の人が一件一件、訪問しながらヤクルトの菌の良さをPRしたことが大ヒット。

一気に世にヤクルトが広がり始めました。

創業者の代田社長は、何十年前から「予防医学」を考え、ヤクルトを開発したなんて
すばらしいですね。

数十年後とはいかなくても、数年後を見据えた商品開発とヤクルトレディのようなPR手法を
掛け合わせて、ヒット商品を考えてみるのはいかがでしょうか。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->