ホワイトデー贈り物って誰が決めている?!

2015年03月07日

バレンタインデーが終わると、既に翌日からホワイトデーに向けた商品が店頭に並び始めていますね! 何とも気が早い!!

今回は、ホワイトデーの商品PRのターゲット層について考えたいと思います。

日本におけるホワイトデーは、バレンタインデーと比較すると「○○を贈る」といったイメージの定着がなく、贈り物は贈る側の意識にゆだねられている部分が大きいですね。

では、その「贈る側の意識」とは誰がどのように意識付けしているのでしょうか?

勿論、男性が目を通しそうな媒体でもホワイトデー特集を組んでいますが、おおよそ男性が目を通すのだろうか??と感じるブランドや商品でホワイトデーに関連する特集やイベントが組まれているのを目にします。

そんな一味違うホワイトデーへの取り組みとして、講談社と資生堂が共同企画した「ホワイトデーに美白を」というプロジェクトがあります。講談社の女性誌6誌が共同でFacebookマガジン「ホワイトホワイトマガジン」を運営し(2月14日から3月14日まで)、ホワイトデーにちなんだ編集部おすすめの「ホワイト」情報を発信しています。

「ホワイトホワイトマガジン」は、「講談社編集部100人の女性が欲しいホワイトアイテム」や、雑誌VOCE監修の「美白のギモン 知れば知るほど」など、ホワイトデーにちなんだ美白ケアやグッズなど、ユニークな「ホワイト」情報を提供しています。

あはは(^_^;)、、、、、こうなると、もはやバレンタインデーに対峙したホワイトデーの意味合いは希薄ですね。

結局のところ女性が、「(バレンタインデーのお返しに)なにがもらえるのかな・・・」とただ待っているのではなく、「手に入れたい贈り物を」自ら探し、贈り手へ発信していくこで、「贈る側の意識」を盛り上げているのですね(^_-)-☆

おっと! ワタクシ主婦からしますと、旦那様の同僚へのお返しは、主婦のセンスが見え隠れしているプレッシャーと戦いながらの商品選びとなっています(^_^;)

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->