花粉戦争

2015年02月13日

今年も「花粉症」の季節がやってきましたね・・・・・((+_+)) 
2015年春は関東地方を中心に東日本の花粉量が前年に比べて「かなり多くなる」(環境省)と予想されているようです。

さてさて現在では、花粉症は国民の5人に1人が該当とするとされており、花粉症関連市場は、500億円ともいわれています。今や、流行に左右されない季節市場ですね。

そんななか、今年も定番商品から新商品まで様々なラインナップがあります。
医薬品から衛生雑貨・家電、製薬企業が配信するスマホアプリ「花粉予報」、避花粉ツアー(イムノリゾート)、避花粉ワーク(リモートワーク)、ブルーエア空気清浄機を設置した、女性専用「おひるねカフェcorne」、、、、生活の隅々にまで関連商品やサービスが展開しています!!

様々な商品やサービスも年代別、性別等により以下のようなリサーチがなされています。(調査:ネットマイルリサーチ)

花粉症対策にかける一人当たりの費用は、月平均で1,558円
年代別では、年齢が高くなるほど、花粉症対策にかける費用が高く、60歳以上では、月2,746円と、全体平均より1,200円ほど高くなるようです。(19歳以下1,432円、20代1,815円、30代2,289円、40代2,455円、50代2,365円、60歳以上2,746円)、なお、男性平均が2,189円、女性の平均が2,191円と男女別では大差がない結果となっています。

また性別では、「くしゃみがとまらない」(男性:44.4%、女性:56.8%)、「頭がボーっとする」(男性:20.4%、女性:35.6%)「肌のかゆみ」(女性66.3%、男性43.8%)や「喉の症状」(女性86.2%、男性74.6%)について男性よりも女性の方が症状を感じている結果となっています。

花粉との戦争により、商品やサービスの戦争も激化しますね!
少しでも楽(らく)に、そして楽(たの)しくこの季節を乗り切る商品やサービスに出会いたいっ!!

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->