TVパブリシティの番組選定

2018年07月25日

PR担当になるとどのような会社でもTVに露出させたい!という話は必ず出てくると思います。
アプローチする際、どのような番組に当たるかを選別するにあたり指標となるのは視聴率が必ず出てきます。
とにかく視聴率のいい番組露出させよう!
 実はこの考えはちょっと危険です。
一般的に視聴率と言われているのは「世帯視聴率」です。世帯となるとその世帯の性別や年齢構成などの属性は考慮されず、母数を世帯全体で見たときの数字です。
40代の女性にターゲットを設定したいので、1番視聴率の高い●●●にアプローチしようというのが通常の流れなのですが、視聴率には占有視聴率という物が存在します。
 占有視聴率は世帯視聴率とは違い、ある程度の年齢層と性別を分けた時に出される数字です。
同じ世帯視聴率でも、狙いたいターゲットの占有視聴率が低ければリーチできません。逆に視聴率が低くても、ターゲットにしたい占有視聴率が高ければリーチできる可能性は高まります。
 このように単純に視聴率だけで検討するのではなく、ターゲットにリーチできる可能性が高い番組を選定していくのがポイントです。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】