地方創生PRは逆張りPRで観光誘致!?

2018年03月20日

各地の観光名所で、桜も開花し始めていますね。

観光名所といえば、2015年頃から多くの地方自治体がシティプロモーションを展開し始めています。
・宮城県観光PR動画(壇蜜さん出演)
・岡山県 晴れらんまん 岡山の旅
等が個人的にはとても印象に残っています。

最近では、撮影のコマ数を少なくして
早送りをしているかの様な映像を展開する”タイムラプス”という技術を駆使して
撮影されている動画が人気を集めています。

PRマンとして、これらの動画達は完成度が高く思わず見入ってしまう
コンテンツではあるのですが、探してみると実はほぼ47都道府県全てが
動画をyoutube等の動画サイトでUPしています。

生活者視点で見ると観光動画ブームが来ている!と、とても良く楽しい流れが出来ているのですが
PRマンとしてみると、話題性に乗っかった後追い地方が多数!と見受けられます。
観光動画などのPRは擦られ過ぎていて、もう普通!になって来ていると思います。

こんな時こそ、私ならグルメ・観光地・文化に焦点を当てた
プレスツアーやメディアキャラバンにリソースを注ぎます。
なぜなら、純粋なPRでのメディア露出はプロモーションをするうえで案外”穴”になっているからです。

多数がAという手法でアプローチをするなら
自分はBという手法でアプローチを行う、
株等の投資で例えるなら、大多数が取っている手法Aはすでに最高値になっている銘柄の様なモノ
常に逆に徹する事で時代の半歩先を行け、ブームを作る側のポジションになれるのではないでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】