TV番組への現場対応力を磨く

2018年02月17日

みなさんこんにちは。

本日は様々なロケ現場で想定される、
TV番組取材のあるあるネタです。

多くのTV番組で、頻繁にネタとして取材されるのは、
主に飲食ネタです。

グルメイベント、新店舗オープン、ご当地グルメネタ等、
ネタは様々ですが、
どんな現場でも共通しているのは、 ”物撮り”です。

”物撮り”とは、
TV番組がロケ中に、
食べ物をはじめとする、目玉商品などを撮影することです。

食べ物を題材とする場合、
番組側は視聴者に食べ物の魅力を伝えるため、
様々な演出で物撮りをします。

・いかに美味しくみせるか?
(例:視聴者の食欲をそそるように、
湯気を立たせる、照明を適度に当ててキラキラ感を演出する、等)

・どうすれば提供しているお店(もしくはイベント会場)に、
視聴者が足を運びたくなるか?
(もしくは、webでバズりたくなるか?)

・どうすれば視聴率が稼げるか?

番組側は主にこの3点を重視して物撮りを実行します。

基本的に、スタッフが取材先に
様々な依頼をしますが、
ここがPR会社の腕の見せ所です。

先方から相談された企画内容を、
クライアントへ単純に伝えるだけでなく、

番組の企画意図や、実施メリット など、
(例: お店またはイベント会場への集客に結び付くチャンス、等 )
クライアントにきちんと伝えることが重要です。

例えば、
”大食いタレントが、イベント会場に出品予定の 中華まん 全種類を食べ尽くす」
という企画があった場合、クライアントへ伝達する内容は以下のようになります。

”当日出品予定の品を、より多く紹介されるチャンスです。”
(*収録されても、もちろんカットされることがありますが。)

”納品準備などお手数ですが、
会場への集客効果が見込めそうな番組であるだけでなく、
放映予定がイベント開催期間中の予定ですので、
実施するメリットがあります。”

”番組側に交渉したところ、今回沢山のアイテムをご用意いただくので、
材料費は番組側にご請求いただく形で大丈夫です。”
(*↑クライアント、番組担当者両方に、事前確認が必要です。)

物撮りで特に事前確認が必要なのが、
”おおがかりな撮影の場合、費用は誰が負担するのか?”
という点です。

ケースバイケースですが、
番組側からの企画オファーであった場合、
大抵の場合は、番組側が費用を負担する前提で依頼してくることあります。
(全番組とは限りませんが。)

今回紹介しているのはほんの一例にすぎませんが、
今後どの案件でも、似たよう場面に出くわすことがあります。

グルメ取材企画など、
決まった段階で、
事前に手を打てることは何でもやっておくと良いと思います。

例)
・撮影進行イメージ
(箇条書きのメモ程度でも十分です。)

・スタッフの会場配置
(特に大勢の人が行き交うイベント会場内での撮影の場合、
規制ラインを用意するなど、動線確保が必要です。)

・関係者への事前確認リスト
(先述内容ご参照)

他にも色々なケースが想定されていますが、
まずは基本をしっかりおさえて事前準備をすれば、
ある程度はカバーできるはずです。

皆さんも是非、社内で打ち合わせ等の際に
ご活用してみてはいかがでしょうか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】