これからの広報は個性を表現した者勝ち!?

2018年02月13日

最近は仮想通貨の話題でメディアは持ち切りです。
昔は、紙幣と金貨だけだったモノが、インターネットの誕生によって新たな通貨が生み出されているんですね。。。
つまり、システムの発展と共に通貨も個人の価値基準に合わせ使いやすいモノが生み出されています。

広報視点でこの状況を眺めてみると、ある普遍性が見えてきました。
それは『個人と、あるモノの接触点が増えると共通ブームは生まれにくくなる』という事です。

通貨に関しての接触点は”インターネット”になります。
つまり、紙幣と金貨だけだったものが
インターネットの普及により、アナログだけでないデータ上での接触点が増える事で電子通貨や仮想通貨が生まれました。
そして個人がそれぞれ、使いやすい!と感じた通貨を持つようになり、
結果として、紙幣と金貨の相対的な価値は低くなりました。

また音楽を例に出すと、かつてサザンオールスターズやミスチル等の人気グループが
TVという接触点を通して国民共通のヒットソングを生み出していました。
しかし、youtubeや多く音楽配信サイトの等の新たな接触点が生まれると
それぞれが好きなジャンルの音楽を聴く様になり
結果として、今では国民共通のヒットソングを生み出しにくくなりました。

この普遍性から予想できる、これからの広報での勝ちパターンは
『 個性や特徴をより濃く表現できたモノが勝つ 』という事です。
なぜなら、生活者がそれぞれの価値基準で好きなモノを選択できる様になるからです。
人気インスタグラマーは、個性を主張し勝利したロールモデルではないでしょうか?

人も企業もこれからは
個性を明確に主張し、特定の人々の心を掴んだモノが勝ち残るのだと思います。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】