企業が運営するソーシャルメディアの関心度

2018年02月09日

2月も2週目に入り、世間ではすっかりバレンタインモード。

百貨店やコンビニのバレンタイン商戦を受けて、
SNS上でもチョコレートの投稿をよく目にするようになってきました。

今や情報収集に欠かせないSNSは、一般の利用者だけでなく企業も積極的に公式のアカウントを作って情報発信を行っています。

そんな中、実際世間では、どの程度の関心度があるのか調査した面白いレポートがあったので今回ご紹介させていただきます。

昨年の12月に一般社団法人 経済広報センターが発表した「インターネット・SNS利用に関するアンケート」では、

2017年9月7日~2017年9月19日の期間、経済広報センターに登録しているeネット社会広聴会員2,848人を対象に
インターネットによる回答選択方式および自由記述方式にて上記の調査を行ました。

ここでは、いくつか面白い調査結果をピックアップしてご紹介いたします。

・企業が運営するソーシャルメディアに関心を持っている人は5割強?

企業が運営するソーシャルメディアについて、「大いに関心がある」が9%、「ある程度関心がある」が44%で、5割強(53%)が関心を持っていることがわかりました。

企業が積極的に公式アカウントを作って情報発信しているのも頷けますね。

・発信情報への反応は約3割?

企業が運営するソーシャルメディアの発信情報に反応(「いいね!」ボタンを押す、コメントを書き込む、友だちに情報をシェアする等)したことがあるかを聞いたところ、
「情報を取得し、反応したことがある」が28%、「情報を取得したことはあるが、反応したことはない」が47%となっています。
「情報を取得したことがある」は、75%となり、昨年(2016年)の68%から7ポイント上昇しているようです。

最近では、企業側も趣向を凝らした投稿を増やし、多くのファン獲得に向けて注力してきています。
年々この数字は高まっていきそうですね。

また世代別に見ると、「情報を取得し、反応したことがある」が29歳以下で5割を超えている(53%)。
29歳以下では、「情報を取得したことがある」だけを見ると8割以上(82%)となり、当たり前ですが、若い世代ほど取得経験が高い傾向があるそうです。(29歳以下82%、30歳代80%、40歳代78%、50歳代76%)。

今後はいかにメディアへ取り上げられるかより、いかに面白く、価値あるコンテンツを作りシェアされるかの方が重要になってきそうですね。
すぐそこまで新しい情報発信の時代が来ているようです。

皆様のPR、広報活動の参考になれば幸いです。

※参照:一般社団法人経済広報センター「インターネット・SNS利用に関する意識・実態調査報告書」

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->