消費者が共感できる瞬間を、生産者からも積極的に提供する

2014年12月28日

こんにちは(^_^)/
今回はいまの季節を彩るフルーツ「いちご」に関するご紹介です(*^_^*)

「いちご」と聞いてみなさんは何を想像しますか?
そのままの甘い果実? ショートケーキやタルトに存在感たっぷりにのっている果実?
季節外れですが、今年はかき氷もヒットしましたね♪

しかし、本日ご紹介するのは“糸島産あまおう苺を加工するプロ“のお話です。

糸島産あまおう苺を加工されている“伊都きんぐ“さんは、
商品のひとくち目で感動を伝えるために、あまおう苺栽培から研究し、
加工することでその苺本来の味をどうしたら更に高められるかを追求されています。

先日、福岡空港を利用した際、
伊都きんぐさんの「どらきんぐ生」という名前の苺どら焼きを目にし、購入しました♪
そして、早速機内で一口頂き・・・・・・『おいしい!! 幸せだなぁ~!』
と思いながら、商品と一緒に頂いたリーフレットを眺めると、、、、

そこには、『一瞬で人の気持ちを動かしてしまう、美味しいものって卑怯!』
と書かれていました。 そう!そう!!今まさに私はそれを体感中!!!
とテンションが↑アップ↑しました !(^^)!

商品である「どらきんぐ生」は、糸島産の苺を使用し、
苺そのものではなく、その加工品を使用したスイーツです。
市場で言えばまだ満たされていない隙間を満たしたものであると思います。

しかしこの商品を提供するNo1であり続けることを使命とし、
それを達成するために地道に追求した結果は
間違いなく消費者の共感を得るのだと実感しました。

そんな商品を更に強く印象づける商品に成長させるには、
『消費者が共感できる瞬間を生産者からも積極的に提供する』ことにあると思います。
この瞬間をいつ・どのように消費者に感じてもらうか、
表現していくのがポイントになるのではないでしょうか (^_^)/

今回のコラムが2014年の最終となります。
本年もお読み頂きありがとうございました。
みなさま、素敵な年末年始をお過ごしくださいませ。
また、2015年もお楽しみ頂ける内容をご提供させて頂きます (^_-)-☆

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->