『入社一年目の教科書』という本を読みました

2018年01月15日

皆さんこんにちは。
最近寒い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか。
私は寒いので休日は家で本を読んでいます。

そんな中最近『入社一年目の教科書』という本を読みました。
著者は現ライフネット生命社長の岩瀬大輔氏。
彼は、外資系コンサルティング会社・投資ファンド・米国ベンチャー企業の日本法人と様々な業種を体験してきています。
その経験から社会人1年目になにが必要かということを、自分の経験に基づいて具体的に示しています。

①「50点で構わないから早く出せ」
これは、例を出すと、頼まれた仕事は1ヶ月かけて90点のものを出すのではなく、1週間で50点のものを出せということです。
新人のうちは自分が進んでいる方向性が正しいか分からない、けれどできてから見せようという気持ちが動いてしまう。
私はまさにそのタイプでしたが、よく考えたらそのやり方には何のメリットもないことに気がつきました。
上司の気持ちを考えると、もし間違っていた際に早く軌道修正できたほうが良いですよね。

②「仕事は盗んで真似るもの」
先輩や上司の仕事ぶりを見て、なるほどと思ったことは真似をしてみる。
もしそれが合っていたら自分のものにできます。
新人のうちは自分で考えて実行するには限度があります。
皆様も職場の尊敬できる先輩を見つけて、ひたすら真似をしてみてください。

③「社会人の勉強はアウトプットがゴール」
社会人になって、学生の頃と同じようにこんなに勉強をしなくてはいけないんだと最初は驚きました。
しかし、学生と違うところはアウトプットの場が重要ということです。
学生の頃は試験の為に勉強をして、自分の為に試験を受けます。しかし社会人になると勉強の成果を披露する場は対クライアントがメインです。
その為、確実な自信を持って勉強の成果を披露しなくてはいけません。
社会人になると全てが会社に関わってきます。
勉強もそのような気持ちで望まなければいけないのだなと実感しました。

以上3つの心に響いた言葉をご紹介しました。

まだまだこの本には、実践すべき重要な事柄が多く載っています。
社会人1年目の方は勿論、役職についている方も、初心を忘れない為に読んでみたら如何でしょうか。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】