地方ならではのPR手法

2017年12月30日

クリスマスも終わり、もうすっかり年末。
あちらこちらで、忘年会のにぎやかな声が聞こえてくるようになりました。
みなさま、くれぐれも飲みすぎにはお気をつけください。

さて、今回は地域活性化×PRについて取り上げていきたいと思います。

政府によって地域創生が叫ばれる中、ご当地キャラやグルメ、おもしろ動画等、
様々な地域が工夫を凝らしたPRを展開しました。

そんな中、原点に立ち返ったPR手法が広がりつつあるのをご存知でしょうか?
その名も「プレスツアー」。

内容は、いたってシンプル。
地元の魅力をメディアの方々に知ってもらうため、交通費、食事、宿等の費用すべてを自治体が工面するという招待ツアー。
おすすめスポットを一泊二日で回り、おもてなしします。

もちろんそれだけだったら、どこもやっているよという声が聞こえそうですが、
ちょっとした工夫で、大きな効果を得るそうです。

今回は、そのポイントをいくつかご紹介いたします。

・掲載確約に固執しない

当然、費用を負担しているので、露出の部分に目がいってしまいますが、
大事なのは、まずメディアに知ってもらうこと。
そこで掲載確約をせず、ロケハンに来てもうような気持で臨むことが大切だそうです。
そうすると編集会議で必ず話が議題にあがるので、その後タイミングを見計らいフォローアップを行うと効果的だそうです。

・必ず行く先々に必ず専門家を用意する

旅行、カルチャー、交通、経済等々の様々なメディアが一堂に会するため
様々な角度から質問が飛び交います。
そこで各専門家がポイントごとにいないと、忙しい中参加したメディアの満足度が下がってしまうそうです。専門家はもちろん、当日のサポート等の準備がとても大切になります。

・バス移動中の自由時間を必ず確保すること

まとまった時間の拘束になるため、メディアは途中で別企画の原稿を作成したり、取材の調整をしなければならないこともしばしば。また徹也の強行スケジュールで参加するメディアもいるそうで、
そういった方々のため移動時間は貴重なフリータイム。ついつい、いろいろな情報を伝えたくなりますが、ぐっと我慢することでホスピタリティーの高いメディアツアーに仕上がるそうです。

以上となります。
いかがだったでしょうか?

すぐに実践出来そうなことばかりですが、どれだけメディアに気持ちよく取材してもらうかで、大きな効果を生み出すそうです。

今回は、地方自治体の視点でしたが、
企業の皆様もぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、よい年を。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->