お米のPR事情

2017年12月27日

今年もクリスマスが終わり、年越しの年末ムードになってきましたね。

今日は『日本といえば、お米』ということでお米のPR事情について記載します。

今年登録申請されたブランド米は42銘柄もあり、過去最多だったようです。

競合が増える中、各産地で派手なPR合戦が繰り広げられています。

その中でも、宮城からの新ブランド「だて正夢」。
11月末ごろに伊達政宗の格好した人物が松屋銀座にてPRイベントを実施しました。

ゲストとして、サンドウィッチマンが登場し、
「今日はおにぎりなのにサンドウィッチマン」、「僕と同じダテをよろしく」など
文字がけしたギャクでWEBニュースの露出を多く獲得していました。

キャスティングのタイミングや重要性が露出獲得に大きく左右されることを
改めて感じましたね。

負けじと新潟県は今年度、「新之助」を発売するにあたって、生産や販売などに
2億4千万円を投じるようです。

広告戦略では、JR中央線では一車両の広告をすべて新之助で生める凄まじさです。

お米のカテゴリーでこれだけPR合戦を繰り広げることでこの事象が日経MJの一面にて特集されるなど
まとめ記事に繋がり、さらにメディア拡散され認知が広がっていく波及効果もありますね。

今日はそんなPR事例のご紹介でした。
皆さん良いお年を!

ラブ米~地方より愛をコメて~ ※2017年12月25日経Mjより

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】