マネジメントとPR、一見関係の無いものだと思われますが…

2017年12月25日

昨日たまたまマネジメントの本を読みました。
マネジメントとPR、一見全く関係の無いものだと思われますが似ている部分、実は多いんです。

その本によれば(結果を出すリーダー程動かない 山北陽平)
部下をマネジメントする=部下の行動に上司が介入し、指示した行動をやりきらせる
というものでした。

具体的にざっくりとまとめると
・成果を出すための行動の選択
・部下に指示した行動の事前リマインドと事後フィードバックの徹底
・行動を実行しなくても良い環境を作らない
・部下の行動に上司が責任を持ち実行する(部下とやりきる)
この様に絞られます。
結局マネジメントとは部下にとって、その行動の優先順位を上げさせる事でもあると感じました。
部下には数多くの上司にあたる人間と指示が存在し、その中で自分の指示を聞いてもらわないとならないのです。

そして、行動の優先順位を上げるには独自理論ですが
・熱意の共感(上司の行動または目標に対しての熱意を部下に共感してもらう)
・行動の感染(上司自らが動きその行動を部下に感染させる)
・上司のブランディング(信頼・権威付け)
の3つの要素が必要になってくると私は思います。

その中でも特に『ブランディング』はPRとも近しいモノでもあります。
上司の日頃の『言葉・行動・身なり』に信頼性が無ければその上司の指示は聞く気になれないですよね?
企業も同じで、新製品が発表されるタイミングで製品の良さを必死でアピールしても生活者は聞く耳を持ちません。
日頃から常に、生活者(マネジメントで言えば部下)に企業や製品の良さや理念(マネジメントで言えば言葉・行動・身なり)を発信して行く事で
初めて、その企業(上司)が生活者(部下)にとって信頼・権威付けされて説得力を持ているのです。

この権威付けを行うのがPRの役割!
PRマンとして、企業だけではなく日頃から言動に気を配りブランディング行っていきたいですね。
誘惑に弱い私にはなかなか難しいですが、、、(笑)

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->