自社の「顧客の気持ち」を理解したPR

2017年12月21日

12月ももう終わりますね。今年1年を清算して、身の回りの要らないものを少しずつ処分していこうと思っています。

皆さんは、不要になった物や手放したい物、どうしていますか?
最近ではCtoCのフリマサイト「メルカリ」や、ネットで簡単に査定買取してくれるサービスも人気ですよね。
査定買取サービスでは、ブランド品や貴金属、洋服、家具など何でも簡単に売ることができ、査定費用や送料も無料で利用者は送られてきた箱に売りたいものを入れて送るだけ!
売るものによってサイトを使い分けたり、より高く売れた実績のあるサイトを口コミで探したりする人も多いようです。

ここで質問です。
ネット買取業界で「儲かっているな~」と一目置かれる会社の年商って、いくらくらいだと思いますか??


実は、年商500万円~1,000万円程で「成功者」と言われる業界なんです。
それだけ競合が多く、他社との差別化をしっかりしないと、たちまち淘汰される厳しい業界です。

その厳しい業界で、倒産寸前のどん底から短期間で成功者へと駆け上がったお店A(仮名)があります。
Aは年商200万円で生活費もままならない状況でした。
それがたった数か月で売り上げが劇的に伸びます。

一体何をしたのか。

それは、たった3つのことでした。(しかもお金のかからない!)

まず、自社の顧客はどんな人で、何を求めているか、ライフスタイルや感情が見えてくるまで徹底的に考え抜きました。
今まで自社を利用してくれた人の特長も考えながら、ターゲットを明確にします。

次に、競合店のWebサイトを毎日チェックし、競合の強みを理解します。
「競合はやっていないけど、顧客は求めていて、自社が提供できること」は何か、自社の強みを顧客目線で分析。

そして、洗い出した自社の強みをWebサイトで顧客に分かりやすく打ち出します。
いままでは競合を意識し「高額買取」を全面にしたサイト構成でしたが、自社の顧客に刺さるであろう内容や表現に変更。
すると問い合わせが殺到し、A店は広告などのお金をかけずにたちまち繁盛店に。
しかも想定した通りの顧客が来店してくれました。

ビジネスがうまくいっていないときは特に「売れない」ことに囚われ、自分達が言いたいこと、伝えたいことを押しつけがちです。

そういうときこそ一旦立ち止まり、自分達の商品を買ってくれる・買ってほしい「顧客の気持ち、考え方、環境」などについて徹底して考えてみて、自社が顧客に提供できる強みを改めて見直してみるのもいいかもしれません。

「伝える広報」ではなく、「伝わる広報」に。
いかに顧客の気持ちを動かして、購買してもらうか。が大事ではないでしょうか。

皆さんもぜひ今一度振り返り、考えてみてもらえればと思います。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->