デジタル広報時代

2017年11月02日

10月ももう終わり。
最近ますます寒くなってきましたので、体調を崩さぬようお気を付けください。

さて、今回はPR、広報のトレンドに関するお話をご紹介できればと思います。

メディアでの露出を目指す広報活動は、ここ数年で大きく変化したといわれています。

その一つとして挙げられるのが、4大マスメディア(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)をメインターゲットととして直接アプローチするのではなくWEBライターや著名な個人(インフルエンサー)を介したSNSなどへ情報発信し、そこから波及効果を狙う「デジタル広報」という流れです。

特にインフルエンサーを活用した情報発信の仕方が活発化しており、
個人のブログ、twitter、インスタグラム、Facebookといったソーシャルメディアで拡散を狙い、それを受けてまとめサイトやキュレーションサイトで取り上げ話題するというスキームよく見かけます。

話題になったものは、4大マスメディアでも人気のネタとして取材し、
その模様をまたSNSで拡散するといういいサイクルが起こりどんどんとトレンドが作られているようです。

こうした流れを受け、最近注目の役職をご存知ですか?

その名も「コミュニティーマネージャー」。

主にソーシャルメディアでのファンを壌土し、コミュニケーションを図ることも目的としておりシリコンバレーなどのIT企業では当たり前の役職だそうです。

日本にも進出している外資系ベンチャーの「pinterest」「Yelp」「Uber」等の企業にはコミュニティーマネージャーを設け、
積極的に情報発信を行っているそうです。

変化の激しいネット状況にしっかりとアンテナを張り、
臨機応変に〝攻めの広報”ができるよう心掛けたいものです。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->