PRはまさに「オーダーメイド」

2014年11月13日

こんにちは!

ますます寒くなってきましたね~。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、本日のテーマは、ずばり「オーダーメイド」です。

今回は数多くのオーダーメイドサービスを展開する企業のうち、
最近TVで話題のオーダーメイドシューズを提供している
「KiBERA」を例に取り上げてみたいと思います。

皆さん、「外反母趾」ってご存知ですか?

足の親指が付け根から人差し指の方向に曲がってしまう
変形のことで、特に女性に目立つ症状なんです。
外反母趾で悩む女性は、靴選び一つとっても
大きな悩みの種だそうです(ーー;)。

「KiBERA」では、外反拇趾などに悩む人達向けに、
オリジナルシューズをお手頃価格(¥9,900~)
で作製、販売いるんです。

おお・・・お買い得(^^;)。

本来よりワンサイズ小さい、もしくは大きいサイズの靴を
履いてしまっている人達へのきめ細かいアドバイスも好評で
リピーターが増加し続けているそうです。

さらに最先端の3Dスキャン技術を駆使して
足のデータをわずか1分足らずで解析し、
18種類のサンプルの中から
データに一番近いものを試着していただき、
お客様からオーダーをいただく。
そして3週間程度で自宅にオーダーメイドシューズが届く
そうです。
とてもありがたいサービスですね(^^)。

ところで私、ふと感じたのですが、
いわゆる「オーダーメイド」って
私達が普段携わっているPRについても
同じ事が当てはまると思うんです。

決まったもの、全く同じもの、正解がない。
お客様によって依頼内容、施策も様々。

これってコンサルティングのような無形サービスだけでなく、
いわゆる有形サービスについても同じことが
当てはまると思うんですよね。

既存の商品、サービスの良さを訴求するだけでなく、
お客様が抱える不満や
「他にもこんなサービスがあればいいのに」という
お客様の生の声を活かした新しいサービス・新しい商品を
開発し続ける。

「うちは○○屋だから」
などと決めつけてしまっては
今までと同じことしか出来ません。

むしろ最悪の場合、数年後にその事業は衰退するかもしれません。
常に進化し続けるサービスこそが、
これからの時代で生き残れると私は思います。

サービスは有形無形問わず、まさしくオーダーメイド。
「こうしたらもっと良いのでは?」と思ったことは
どんどん改善すると良いでしょう。

10年、20年、30年・・・。

人々から長年愛され、記憶に残るサービス作り。

そしてその取り組みを多くの人達に
知ってもらうためのPR活動。

私達と一緒に、チャレンジしてみませんか?

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->