日テレスタッフ結婚式のエンドロール

2014年05月16日

こんにちは。

そろそろ、紫外線が気になる季節になりましたね。
この5月は、思うより肌の奥まで
ダメージを与えるA波紫外線が多いそうです。

女性の皆様(もちろん、美肌男子も!)お気を付けあそばせ(^^)

さて、私ごとながら大型連休中に、
知人の結婚式にお呼ばれしてきました!
新婦が、仕事の関係者で、日テレの番組スタッフだったんですが。

業界人大集合の宴席は、いつもながら、

大仕掛け、派手、大騒ぎ・・・

お昼の情報番組のMCさん、夜の番組の出演者さん、俳優さんなど
DVDに出るわ出るわ・・・
いっちいち会場が揺れんばかりの大歓声~!

ふ~む、これって、ノーギャラだよね。

ともかく予定通り、会場は興奮の坩堝(るつぼ)と化し、
ノリが最好調に達し、会場は涙と笑いに包まれたまま、

披露宴は、おおきな感動とともに、お開きを迎えました。

そして、みなさん、今日のテーマです。
最近の披露宴の一番最後に上映される

「結婚式のエンドロール」

ご存じですよね?

まあ、これは、婚礼会場の映像業者が作るんですが・・・

数年前に、別の披露宴にお呼ばれしたときには、この「結婚式のエンドロール」って
ただの写真をつないだ映像でした。

昨年、また別の披露宴に出席したときは、
当日の「結婚式(挙式)」の様子が、撮って出しで入っていました。

そして、今回は、

なんと、お色直し入場のシーンまでが入っていました!

!!

そう、わずか50分前の映像が、編集されて、がっつりエンドロールに
入っているのですよ(驚)

これは、すごい!

うむむ。

裏の編集スタッフが、時間との勝負に、緊張の震える指で、キーボードを
たたいている姿が想像できます。

確かに、皆さんも映像を撮ったら、すぐ見てみたいですよね?

これは、お客さんのニーズにこたえてきた結果、
また、他社との差別化のために、こんなにタイトな時間での編集を
することになったんでしょうね。

綱渡りだね~

と、いう話を婚礼業界に身を置く友人に話したら

「え? 今や、新郎の謝辞まで入れるエンドロールもあるよ~。はは・・。」

はは。
じゃなくて・・・

お開きまで、5分あまり・・・
すごすぎて、絶句です。

普段の仕事も同じだなと思うのは、

常にクライアントのニーズを掘り起し、
クライアントのその先の、エンドユーザーのニーズに応えて、進化していく。

不可能を可能に。
非常識を常識に。
数年前と同じことは通用しない。

その答えは、これを読んでいる、みなさん自身が握っているのかもしれませんね。

Comments

comments

お申込みフォーム

ここでは書けない成功裏話メルマガ【メールアドレスをご登録ください】

-->